自律神経失調症とうつの違いとは?

この近代社会のおいて、たびたび耳にするようになってきたメンタルヘルスという言葉があります。

それほどまでに精神病の発祥があり、特にうつ病や自律神経失調症などが多く発症例としてあるようです。

そんな中、フッと不思議となるのが症状のよく似ている自律神経失調症とうつ病の違いについてです。

2つの病気は確かに症状のあちこちによく似た部分を持ち、更には同一の病気であるという認識の方もいるようです。

しかし、実際は違う病気なのです。

それでは、自律神経失調症とうつ病の違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病とは?

まず両方の病気の違いをお話する前に、病気について説明します。

うつ病とはストレスや疲労から、脳の伝達異常からくる病気となっており、その症状は抑うつ気分や興味などの喪失があります。

他にも小欲や体重の減増に赴任症状や睡眠過多という症状が出ますし、頭・肩・首などの痛みもあります。

その他にも易疲労感や気力の減退に罪悪感や無価値感。

思考力に集中力や決断力の低下に自殺や自傷衝動があります。

自律神経失調症とは?

次に自律神経失調症についてですが、小知多も多くの症状が出ており、頭・背中・腰の痛みに、やめまい微熱に耳鳴り。

行き宮示唆や吐き気に食欲不良や手足のしびれもあり、イライラや不安に動悸や便秘や下痢から生理不順などがあります。

自律神経失調症とうつ病の違いについて

さて、この2つ巣がまず違いとしていくつか挙げられる中で1番に言うべきは、うつ病は病気であって、自律神経失調症は症状であるという事です。

そもそも発症は2つともストレスからとされますが、実質的な原因については違い、自律神経失調症は自律神経のバランスが崩れる事で、うつ病に関しては脳神経伝達物質の異常とされています。

症状についても一見同じに見えても自律神経の場合は全身に影響が出るのに対し、うつ病は神経伝達物質に問題が出ているので記憶や感情といった心に影響が大きく出るとされています。

故に自律神経失調症が体に異常が出て精神的に影響が来るのに対して、うつ病は精神的に異常が出て、心身ともに影響が出てしまうという形になるのです。

治療方法や期間に関しても2つは違いがあり、方法も大きな違いがいくつもみられています。

ただし、注意すべきは自律神経失調症があった場合はうつ病が発症する恐れがあるという事です。

ですので、自洗にストレスを取り除きリラックスできる時間と感情を整え、生活習慣をしっかり整えて日々を過ごし、うつ病を未然に防いでいくことが大切なのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする