うつ病と甘えの違いについて

現代社会においては、誰もがうつ病などの病気になってしまう恐れがあります。

これに関しては社会がそういった傾向にあるのでどうする事も出来ない場合も多くあります。

ただそんな中、実はうつ病ではなくただの甘えであるという場合もあるのです。

確かに、ひと昔前までは、本当にうつ病であっても「ただの甘えである」といった偏見や意見もありました。

しかし近年においては、本当にうつ病である場合と甘えである場合が存在します。

この一見見分けがつかない2つの違い。

それ等の違いを見分ける事は出来るのでしょうか?

それでは、うつ病と甘えの違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病について

まず、うつ病とはどういった物かを大まかにお話しましょう。

うつ病の症状としては

常に憂鬱な気分で、何事もやる気や意欲も起きず、本来好きな事などすら楽しいと思えない上に、罪悪感などのネガティブな思考に陥ってしまうとされています。

しかも不眠や睡眠過多などの症状に食欲や体重の急激な増減。

首や肩などの痛みといった、心身ともに影響が出るとされています。

先に述べたネガティブしこ故に自殺や自傷といった衝動があります。

その原因はストレスや疲労からくる脳伝達機能の異常であり、完治までもかなりの時間が必要となるとされています。

うつ病と甘えの違いと見分け方

そもそも、このうつ病と甘えの特徴としては、うつ病はしなければと言う想いはあっても体が動かなかったり、休憩をとる事もせず楽しみなどにも応じる気持ちがなく、常にそれらの行動に罪悪感を感じてしまってできないという状況です。

甘えの場合は行動に楽をしたり休みをしたいと思っており、仕事などしなくてはいけない場面ではつらそうにしているが趣味などには生き生きと挑み、自身がうつ病だとすぐに思ってしまうなどの違いがあります。

すなわち、うつ病は行動したいという意思があるものの体が動かないという状態であり、甘えはその時は何らかの要因で動けにとしても、目の前の困難な事が解消すると途端に元気になって普段道理に戻るのです。

うつ病であった場合の反応について

こういった行動は行動などでも違いがありますが気分的には、うつ病で動けず会社に行くことが困難だという状態でもあれば、休めば会社に迷惑が掛かるので無理をしようとします。

その結果倒れてしまうなどの状況が起きるのです。

しかし、甘えの場合は会社の迷惑なども考えない上に、辛いので休んでしまおうと軽く考える傾向があるのです。

うつ病と甘えの違いには、その医師のありかたがあるようです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする