不眠の改善とうつ病への影響とは?

今、社会ではメンタルヘルス対策に力を入れている企業が増えています。

その原因としてはうつ病の患者が急激期に増えているという事からの様です。

しかし、そんなうつ病の原因には忙しくてあまり眠れないという事やストレスからの不眠なども多いとされています。

ならば、原因の改善等をと考えるとしてもそれだけでは済まないようなのです。

それでは、不眠の改善とうつ病への影響について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病と不眠について

うつ病を発症した方々の多くは不眠か過眠症状などの睡眠障害がみられています。

ならばその原因である睡眠の問題を改善して未然に防ぐことは出来ないのだろうかとも思われますが、現代社会においては、十分な睡眠を仕事やその他のや無負えない理由から出来ない場合も置く存在します。

そしてそれらの悪循環から、結果として重度のうつ病を発症させてしまうという事もあるとされています。

不眠からくるうつ病の種類について

うつ病そのものにも種類は多くありますが、不眠障害からくるうぶ病にも大きく分けて2つはあります。

まずは「大うつ病」というものがあり、こちらが従来のものとされています。

このうつ病は責任感が強いが為に、何かにつけて自身を責めてしまう為、多大なストレスを抱え込み、食欲の低下などから痩せてしまったといったケースの見られるものです。

不眠症状も非常に強く、朝に体調不良が出阿安井とされています。

そして、近年若い世代に増えているとされるのが「非定型うつ病」です。

こちらは排他的になってしまい、他者を非難したり、食欲が増進して太りやすくなるなどの傾向と、過眠傾向が強く出ているとされます。

しかし、睡眠そのものは浅く、ただうつらうつらとしているだけの為、良い睡眠ではないとされます。

こういった物は不規則な生活が招いており、睡眠時間帯や、睡眠時間に、眠りの深さが改善には重要とされています。

うつ病に影響のある不眠の改善について

うつ病に影響を与えている不眠の改善は、まず睡眠時間帯や時間に眠りの深さについて確認してから、なぜ睡眠が妨げられているのかを確認する事から始まります。

最近よくあるのは寝ても眠れないと、ゲームをしたり、お酒で眠ったり、寝る前に飲食をしたり、タバコを吸ったりしていることも原因とされます。

医療機関での指導には運動や環境、食生活などの指導もあるとされていますので、これらも改善内容になります。

同時に薬で眠ろうとするのは危険とされ、慎重に使用しないと逆に症状の悪化につながりますので、医師と話し合い、現状を把握して適切な改善や治療を行いましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする