うつ病の原因が妻である場合とは?

近年、重度のストレス社会故にうつ病などを発症する方は非常に多くなっています。

そうなった場合は、家族などの身内と共に穏やかに乗り越えていき治療するというのが1番とされていますが、一部それが出来ないという例もあるようです。

それは、妻が原因で夫がうつ病になってしまったというケースです。

本来支えてくれて、安らぎになる筈の妻のいる家庭が原因で発症してしまうというのは意外なほど多いとされているのです。

それでは、うつ病の原因が妻である場合の対応について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

妻が原因で夫がうつ病になる場合

お互いを大事に思い、共に生きていく為に結婚したはずの夫婦だったとしても別々の環境で育った人間であるのだから、勿論なんでも許すことなどが出来ないと言うことぐらいはあると思われます。

ただ、比較的夫の方が家庭内においてうつ病になりやすいというのは多いとされています。

一体なぜだと思われますが、ストレスの発散方法や発散の仕方が女性の方が比較的出来るという事などもありますが、会社のストレスと家族を養わなければというストレスの板挟みから来る例が多いとされています。

ただ女性の場合でも、教育面などがうまくできな自分への責めの気持ちなどでうつ病になるということも多いとされており、お互いストレスを飲み込んだ場合に発症するとされます。

妻が原因でうつ病になった場合にするべき事とは?

今回は妻が原因でうつ病になった夫の例についてお話していきます。

この場合、まずするべきことは話し合いであるとされます。

原因が妻という家族であるがゆえに、取り除けないのでとにかく我慢してしまうという状態にうつ病になってしまったので言いづらいと思われますがハッキリ言うべきとされています。

そして、まずうつ病になってしまったという事を話します。

それから、その原因となったのが妻であるという事を「原因の1つである」として、責めない様に伝えていきます。

原因が妻であると告げた後について

話し合いの結果、妻が改善の意を見せてくれたならば再び共に頑張っていくということも出来ます。

しかし、改善が成されない場合は解決するために次の段階に進まなくてはいけません。

方法はいくつかありますが、例えとしてはまず離れる為に別居を提案する事から始めるのもあるでしょう。

この別居生活の間にもしかしたら何かしら変化が起きるかもしれませんので慎重に様子を見ましょう。

しかし、それでもどうにもならない場合は、離婚という事にもなります。

離婚した途端にうつ病が治ったという例もありますし、今後の事を考えて慎重に進めていくのが1番ですので、専門家の意見も聞きながら対応していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする