うつ病の治療で病院を変える場合について

現代社会において今多くの場面において話題に上がっていることはいくつもありますが、何時の時代も健康面に関する問題には誰もが敏感に反応しています。

そんな中の1つにうつ病についての話題があります。

重度のストレスや疲労などが原因で、心身ともに異常が起き日常生活を送ることが出来なくなるというこの病気は、今や誰がなっても可笑しくないとされる病気です。

故に、誰もが警戒したり、逆に気にしたりしてしまう面もあります。

それでもうつ病の発症率は増えている以上、医療機関も多くの対策を必要とします。

しかし、そういった世の中において治療の際に注意すべき点があるのも確かです。

それは、合わなかったり、あまりいい感じのしない病院にかかっている場合です。

病院は言ってみてこの雰囲気などはあっているのかどうかという事が分かるのではじめはわかりません。

ですが、通い始めて何となく「病院を変える」方もいるようです。

それでは、うつ病の治療で病院を変えるような状況について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

増える患者に対する病院の変化

うつ病と言うのは目に見えない精神的なものから発症するものです。

故に、完治したか否かをはっきり伝える事も難しいとされています。

その場合はじっくり治療していく必要があるのですが、患者数は増え続けて手が回らなくなっていきます。

この場合、有名である病院であるほどその傾向は大きく「5分診療」と呼ばれるものがあるといいます。

じっくり話を聞いて次の指針として少しずつ進んでいくのがほとんどである筈のうぶ病治療において5分では何もできません。

症状の安定などだとしても説明や確認があって10分は必要なはずです。

この傾向は大学病院などに大きく、他の科の発展はあるにもかかわらず、十分な能力を持つ精神科系の意志の不足からの影響もあるようです。

病院を変えるほどの条件

今、患者は増えていても十分な能力を持つ医師は不足状態ですが、意外と心療内科などは多くあります

しかし、その場合は少し注意して院内や医師を見てみましょう。

それによっては病院を変える必要がある場合があるのです。

病院を変えるほどの条件としては医師の立ち振る舞いなどが主です。

例えば自他ともに呼ぶ際の言葉が悪く態度が横柄であることや、問診していても患者を診ないなどの反する行為がある場合。

デスクに椅子と言ったものが汚い場合や、向精神薬の辞書を片手に話したり、患者の症状に対し精神論や根性論を説いてきて治療をしないなどもあります。

更に横柄な態度の1つで質問に馬鹿にしたような返答や田戸を返してくるなどもある。

他にも体調の安定もしていないのにあまり調べもせずに薬を前回と同じ物にと決めつけて初弁したり検査をしっかりしなかったりと、とにかく患者の話も聞かず向き合いもしない場合などがあります。

良い医師

さて、先程よくない医師の例を挙げましたが、逆に良い医師とはどういった風なのでしょう?

まず、診断時間は15分はとってくれて、患者が病気か否かなどの質問をした際に不明な場合ははっきりその旨を伝えたり、断言できない場合はその一言を入れて意見を述べるなどしてくれる場合は信頼できるとされています。

更に過剰な高額処方よりも慎重な処方をし、話もよく聞いてくれる医師がいいとされています。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする