うつ病診断を受けてかかるなら何科?カウンセリングでも受けられる保険と内容とは?

近年急激にうつ病を発症する方が増えています。

それだけ、日常にストレスが多く、心身ともに疲弊するほどいきにくい状態へとなっていることでもあります。

しかし、いざうつ病であると診断された場合は一体何科にかかるべきかと言われると症状もバラバラなので悩むところでもあります。

しかもカウンセリングなどを受けた方が良いとも言われますが、そういった面でも病院選びから大変ですし、何よりうつ病であると診断された場合は保険への加入なども出来ないという事がありますし、出来てもその内容に不安を覚える場合もあります。

それでは、うつ病と診断された場合には何科にかかり、カウンセリングなどの治療中でも加入できる保険内容について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病について

まず、うつ病についてお話していきます。

うつ病と言うのはストレスから心身ともに異常が出てしまい日常生活を送ることが困難になった状態を言います。

その症状としては、抑うつ気分や興味などを物事に示せないなどの意欲の喪失やネガティブな考えを常にしてしまうという精神的なものを中心として、食欲の減増や体重の減増。

不眠状態や睡眠過多状態に焦燥感の制止に易疲労感や器量の減退に根拠のない罪悪感や物事の無価値感。

集中力や思考能力、決断力の低下に自殺や自傷受動などがあります。

その治療法としては療養をとる事を1番としており、その上で抗うつ薬などの使用を行いカウンセリングなどをうけるなどの方法が主となっています。

ただ、治療を始めるにあたってまず考えるのが、一体何科に受診するべきであるかという事に悩むという事が多いとされています。

理由としては、1つ1つの症状は別の病気や症状に酷似しており、一体何の病気からくる不調なのかがわからない為、始めは何科に行けばいいのかわからないという事もあるようです。

うつ病の疑いを持った場合、何科に行くか迷った場合は、まず心療内科を受診してみましょう。

うつ病と診断された際の治療内容

医師のもとを訪れて、うつ病であると診断された後は、治療が始まっていくのですが、あまりひどい場合は入院という事もあるとされています。

しかし、通常の場合は薬を使った治療を行い、その合間合間でカウンセリングを受けていくというのが主なり治療内容となっています。

うつ病治療中は保険に入れない?

ここまでカウンセリングなどの内容の治療を受けていたとして、やはりいざという時の保証はしておかなくてはと誰もが考えるものです。

そして保険に加入をしようとしたものの、出来なかったという状態が多くあります。

これについては保険とは「何かが起きる前」にする備えであり、どんな内容であれどうつ病など「すでに何か起きてしまっている」場合は保険に入れないとされます。

とは言え、条件はあるもののうつ病の治療中でも入れる保険もあり、代表的なものが「引受緩和型医療保険」などの生命保険や、がん保険などは加入が出来るとされます。

ただし、この場合は過去からの病歴などを細かく保険会社に告知する必要があります。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする