うつ病になった時、家族にするべき相談と付き合いとは?


近年、多くの企業がメンタルヘルス対策に力を入れているとされます。

理由としてはそれだけ大変なストレス社会になっていると胃ことと、それに苦しむ人々が多いという事とされています。

特にうつ病などは多く聞かれる病気です。

同時、家族間ですら理解が難しかったり、治療期間も長く個人差がある事から多くの悩みや問題もあるとされます。

そんなうつ病になった場合、家族にはどう相談し付き合っていくべきなのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病とは?

そもそもうつ病とはどういった病気なのでしょうか?

一般的には憂鬱な気持ちになったりする状態が長期間続いていき、不眠や食欲・意欲低下またはその逆に襲われる症状とされています。

通常同様の症状に陥ることはあるものの、生き物には自然治癒力がありますので時間経過とともに回復しますが、うつ病においては回復する事はなく、放っておくと悪化していき生活もままならなくなっていきます。

原因は明白ではないとされているものの、脳伝達機能障害やストレスから来るものに、発達障害などがあげられています。

家族への相談について

うつ病になる人のほとんどが真面目で几帳面であり、責任感が強い事から最初は自身がうつ病であることが認められなかったり、ムリをしている事に気が付かなかったりします。

故に気が付いた時には症状がかなり酷い状態であったという事も多く、その上で家族へ相談となると自責の念など抱かなくていいマイナスの感情を越えてしている場合があります。

すなわち、うつ病であるが故に相談をしてくる場合はとにかくデリケートなものとして扱わなければなりません。

それを踏まえて、原因探しをしたり、責めるような事はなくまず話を聞き受け止める姿勢を取ってください。

そこでようやく相談という段階が始まるのです。

家族の対応

さて、うつ病についての相談を家族から受けた場合、次はその対応ですが先に述べた通り常にゆったりと話を聞く事から始めましょう。

責めるのはもちろんいけませんが、意見やアドバイスなどは避け、とにかく今までため込んで来たものを吐き出してもらうつもりで話をしてもらう様にしましょう。

同時に周りの環境を心身ともに整える事も大事です。

物理的にはもちろんですが、うつ病になると自責の念なのが良くない妄想などになり、最悪の場合は自分すら傷つけてしまいます。

故に、今は休んでいていいという事やうつ病は誰でもなる病気だという事を前提でふるまっていきましょう。

その上で病院に行く事を進めていき、診断を受けた後は焦らずゆっくりうつ病患者さんの自主性に任せて日々を送っていき、見守っていくようにしましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする