うつ病で朝だけ調子悪いという場合について


うつ病の症状や、その時の状態などの患者さんが植えてからから多くの声はありますが、その中でもさらに調子悪いとされる時間帯があると言われています。

それが朝だけ辛くて、後は割と何ともないという状態であるとされています。

しかも、朝だけ調子悪いとはうつ病でなくてもありますが、その違いなどはどのようなものなのでしょう

それでは、うつ病で朝だけ調子悪いという状態について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病の場合は朝だけ調子悪いというのは普通?

うつ病患者さんが「朝だけ調子悪い」と言う例は非常に多くあるとされています。

この場合の傾向としては朝方は体調も悪いのでうつ病の状態も悪いがゆえに気分も何もかもが異常があるとさえ感じるほどの悪化を見せますが、それらは1日かけての変動の1つであり、夜になっていくにつれて回復していくとされています。

ただ、この傾向は世間の目から見るとあまりいいものとして見られない例があり、朝動き出すのがつらいのはうつ病でなくともある事であり、夜に仕事や会社が終わるあたりで楽になっていくのを見た他の人が、患者さんを仮病扱いや怠けものとする場合があると言われます。

うつ病の人の朝の調子悪い感じについて

さて、それではうつ病の患者さんの朝の苦痛とはどのようなものなのでしょうか?

まず、朝は誰もがつらいものです。

しかし、うつ病の患者さんであった場合はまず目覚めと共に倦怠感が襲い掛かり頭もぼんやりとした感じになっています。

ここまでなら健常者の方とあまり変わらないのかもしれませんが、この後は自力で起き上がることが出来ないというほどのつらさに襲われます。

身支度をするにも食事をするにも出社そのものに不安と倦怠感とがまとわりつき、人とのコミュニケーションどころではないと言われています。

そして、不安や苦痛などを耐えてようやく午後が来るという形です。

健常者の人の朝の調子悪い感じについて

では、これが健常者の方であったならどういった感じになるのでしょうか?

最初の目覚めの状況はあまり変わらず、朝起きるのがつらいという気持ちで起きてきます。

ただここからが違います。

仕事について思いをはせると「また始まる」などとは思うものの、支度や食事を勧めていくと意識もはっきりしていき、だんだん動きやすくなっていきます。

その後、会社へ出勤して倦怠感はあるものの、仕事をしなくてはという意識を持って作業を進めていきます。

そうして仕事に集中している間に御前が過ぎていくのです。

この様にうつ病の患者さんと健常者の方とでは「朝だけ調子悪い」の感じ方や、実際の苦痛に大きく違いが起きているとされているのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする