うつ病の治療にまつわる問題点とは?


近年、増加し続けるうつ病であるとされる方々がいる中、その治療体制には問題点が多いとされる声が上がっています。

そもそも、発症後は長く治療期間を要するのがうつ病であり、生活の中での問題点も常にあるとされています。

それでは、うつ病の治療にまつわる様々な問題点について説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病の治療を始めるにあたり発生する問題点

まず、患者さんのみの周りに1番初めに起きる問題点と言うと、今だ存在する不正確な鬱病の知識ではないでしょうか?

うつ病の原因そのものは不明とされつつ、脳の異常やストレス等の酒様なない要因から発症するとされていますが、昔から言うような「怠け者の病気」といった誤解が残っており、結果治療期間に赴く事や認める事を嫌がる家族の方もまだ多くいるとされています。

そういった認識や意見に、最初はどうにかして治療をしたいと思っていた患者さん本人も治したいという気持ちなどをいつの間にか引っ込めてしまい、さらに悪化していくという事もあるようです。

しかも、医師であっても発症しているかの判断が難しいとされる為、患者さんは長い間何の病気かわからない事や、まったく違う治療を受ける事もあるとされています。

同時に、先程述べた古い先入観が例え取り除かれており、薬や治療の確立が増されてもなお発症者は増えているとされており、対策について考えるという事は続いています。

医療側から見える問題点

さて、患者さん側から見ると今だ昔の価値観などが治療の開始を遅らせる事が問題とされていますが、医師側はどうなのでしょうか?

そもそも、うつ病の治療に携わる医師も近年増えてきたように誰もが感じられるのではないでしょうか?

故に実際に適切な治療や技術に経験などが不足しており、偏見などによっても左右されているようです。

しかも先に述べた通り患者さんは急激に増えている為、ワンツーマンでの様々な治療というのも時間が取れず、流れ作業の様になっている傾向があるようです。

外国のうつ病治療について

さて、近代日本に多いとは言いましたが、世界のうち「日本人だけがうつ病に悩まされているのか?」とも思わる方もありますが、実は世界中にうつ病で苦しむ人はいます。

その対策法が、外国のものは大きく違ったりしています。

例えば、カウンセリングなどをメインとしており、根気強く、薬の量を抑えながらの治療というのが今は主となっているようです。

検査の時点でも画像撮影にてよりしっかり状況把握に力を入れているとされます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする