うつ病についての家族の理解と影響について


ストレス社会と称される今の時代において多くの人がかかるとされている病と言うと1番に考えるとした場合、うつ病であるという人は増えています。

それほどまでに身近になってしまった病気と、は称しやすい環境があふれているのです。

しかし、それとは別に治療そのものは非常に長期になり困難であるともされ、1番身近にいるとされる家族などには深い理解が必要とされ多くの影響を与えるともされています。

それでは、うつ病に関する家族の理解と影響について説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病が家族に与える影響と必要な理解とは?

さて、そもそもうつ病にかかってしまった場合、落ち着いて治療に専念するために必要なのは周りの理解です。

1番多いのは家族の方の理解でしょう。

あまり理解が成されていない頃は、家族の方ですら「うつ病は甘えである」といった誤った認識故に、患者さんは治療も進まない場合もありましたが、近年では脳の機能障害の1つであるなどの多くの知識などが見つかってきた為理解を促してから治療をするという形が増えてきています。

しかし、それでもうつ病の患者さんがいる場合は何らかの影響が家族の方にも出てしまうとされます。

例えば周りは対応、接し方について細心の注意を必要とするというのが常となっていきます。

どうやっても戸惑いの多い事ではありますが、更に患者さんの突発的な行動や反応が重なる事により家族の方もストレスがたまったりしていき、同じ症状を発症してしまうケースもあるとされます。

家族の協力状態と対処について

うつ病になった場合は多くは家族など、誰かが近くにいる環境での生活を医師に進められます。

その時に家族に多くの影響を与えると先程述べましたが、それ以前に協力的ではない場合もあるとされます。

今だうつ病は怠けているだけであるなどの考えから、本来穏やかに過ごすべきところをきつい物言いや態度で拒絶され、さらに悪化してしまう場合があるのです。

こういう場合は家族の認識を変える事が必要となります。

勿論非常に困難ではありますが、家族同伴で医師のもとを訪れて説明を受けるなどの主張を必要とします。

ただし、そういった行動そのものが困難な場合も多いので、まず医師やカウンセラーへの相談をして、対策について話をしてみましょう。

最後に

うつ病は治療の期間が人によって大きく違ってくる為、1人1人違うという考えで行うことが大切であるとされます。

人によっては1ヶ月で改善がみられる事もあれば、もっと長い場合もあり、症状にも波があり、よくなったと思っても再発の恐れもあります。

故に医師や家族との連携をよくとり、しっかり腰を据えて取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする