うつ病と診断された後の仕事との付き合い方とは?


今の時代、ストレスと無縁という人はほとんどいないと思われます。

それこそ、企業もメンタルヘルス対策に打ち込み、診断チェックやそれらに基づくケアは入念に行っていると言えるでしょう。

しかしそれでも日々のストレスは普通に仕事をして生活しているだけだというのにうつ病にかかっていたという事が起きてしまうようです。

そういった診断が出ていざ治療に入ろうとすると、生活の基盤である仕事もままならなくなっていきます。

うつ病と診断された後、仕事との付き合い方はどのようなものがあるかについて解説していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病と診断されることについて

さて、うつ病であると診断されたら治療開始となる訳ですが、まず一般的にどういったことが原因となってうつ病とされるかについて紹介していきましょう。

うつ病の原因とは生活の中のいかなる場面にも潜んでいます。

ただ、仕事に関して言うなら多くの場合は現在の業務内容以上のムリな負荷がかかってしまった場合や、仕事やその時間が度を過ぎて長い場合。

立場の変化や組織内での様々な変更が起きた際に受けるプレッシャーなどが主になっているとされます。

しかも、現在社会においてはその度合いもどんどん重くなり、重なるトラブルに人間関係やセクハラにパワハラなど原因となる問題は山積みとなっています。

昔も確かにあった事ですが、より事態が複雑化しているにも関わらず、対応する為に必要な人間関係はあまり良くないということも多いのです。

結果、周りに人は多くいるのに孤立し、助けを求めることも出来ない為うつ病になるということも多いようです。

まさに、気付いた時にはなっていたという状態です。

ただそういう状態だからこそ、うつ病の認識の誤解も相まって「自分はうつ病ではなく、疲れているだけ」と考えムリをしてさらに追い詰められたり、逆に独自の診断などで判断してさらに気に病んでしまう事もあるのです。

ですから、どのような形であれうつ病であると診断された場合は、まず専門医に確認をして、明確になった後、家族などに伝えて事態を受け入れ、治療に挑んでいきましょう。

うつ病であると診断された後の仕事との付き合い方

では、実際にうつ病であるとされた場合は、生活の糧を得る仕事はどうなってしまうのでしょうか?

実際うつ病であると診断された場合はもちろん治療を開始するわけですが、治療をしながら仕事をすることはやはり困難とされています。

そこで考えるのは「休職制度」です。

会社の規模や職種にもよりますが、うつ病などの病気などの治療に専念する場合は「病気休職」といったものが取得できる場合がありますので、まず確認してみましょう。

診断書について

先に述べた制度の使用には診断書が必要になります。

その場合、専門医に診断書を貰い提出し、その後の状況については上司などと話し合う事で、復職後について話しておきましょう。

ただし、うつ病の原因が会社であった場合は労災となる事もありますので、よく確認する必要があります。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする