うつ病でも病院に行けないとされる理由は?


近年、日常の中に潜む重度のストレスなどからうつ病などにかかる人が増えているとされています。

しかし、病気であれば病院へ行って治療を受けるべきとされるはずが病院に行けない場合があり、さらに症状が悪化してようやく病院に通い始めるという事になる事もあるようです。

何故うつ病を発症している場合でも病院に行けないという人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病になっても病院に行けないとされる訳は?

病気になったら病院に行き治して早く楽になりたいと誰もが思うはずです。

しかし、何故かうつ病などの病気の場合は病院に行けないと考える方が多いようです。

一体なぜそんな事になるのかと思われるでしょう。

理由としてはうつ病などにかかるとされる人の多くが責任感が強い人である場合が多いとされており、自身がうつ病であると思いたくない場合に病院に行けない(行ってはいられない)と考えてしまうケースがあるようです。

また同様の場合はうつ病であるという自覚すらない場合があるようです。

この場合は気づいてもうつ病であるという診断を受ける事に強い恐怖を抱いていたり、治療用の安定剤などを内服したくないというのもあるようです。

これらに関しては精神科や心療内科の印象があまり世間から言いとされていないと思っている部分にあるようです。

これ以外の理由としては、単純に多忙すぎて病院に行けないというもの(休めないと考えている)もあるようです。

うつ病そのものへの偏見

先に述べた内容の大半にもうつ病への印象などから病院に行けないという考えが思い浮かんでしまうようで、うつ病が精神的に弱い人の病気と考えられているのも原因とされています。

しかし、実際はうつ病は脳機能の異常が起きている事が原因とされており、同時にいつだれがなっても可笑しくない病気であるとされています。

最後に

うつ病は誰もが成りえる可能性のある脳機能の異常からくる疾患であるという事は、意外と知られておらず、人によっては甘えや怠けているだけであると言った考えの方もいます。

しかし、実際には脳とホルモンバランスとストレスからくる異常であり、別段どんな病気とも変わらないとされています。

恐らく、今うつ病の治療を受けている方に加え、自覚の有無や先に述べた理由から診察していない人を合わせるとさらに多くの方が発症している恐れはあると思われます。

うつ病は長く放置すればするほどひどくなっていきます。

故に、早めに専門医の診断を受け、適した治療を受ける事によって早期治癒を目指していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする