うつ病は自分もなると家族にもうつるのか?


「フッと気づくといつの間にかうつ病になっていた」。

うつ病になる場合、最初は自覚がないことが極めて多いとされる故にいつの間にかなっている事というのは珍しい事ではないと言われます。

同時に、うつ病はなった本人の家族などにも映るという噂があるようです。

ウイルスでもないのにうつるなんてと誰もが思わず耳を疑うような噂ですが、同時に逆の立場で家族がなったら自分も鬱になる可能性があるのかとも思ってしまう事もあるでしょう。

風邪やウイルスじゃないのだからと笑い飛ばしたいところですが、確かに家族など近しい人がうつ病になり、周りもなっていたとなると自分もなのかと思ってしまうでしょう。

うつ病は家族などがなると、自分もうつってしまうのでしょうか?

うつ病がうつるとされる理由について説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

家族がうつ病で自分も同じ症状が出たことについて

家族の中にうつ病に人がいて、いつの間にか一緒に住んでいた自分も同じような症状が出ていたという話は意外と多いとされています。

理由としては一緒に住んでいて辛そうな家族を見ていて自分もつらいと思ったり、付き添いや面倒を見ている際に気が滅入ってしまいノイローゼになり悪化した場合などもあるようです。

しかし、やはり家族はよく似ている部分が多いせいか、一緒にいる事でうつ病の家族に共感してしまい、親近効果などが起き感応精神病となっていく事があるとされます。

同時に家族という事で似ている部分がある以上は同じようにうつになる性質を持っていることも多いとされ、共感する事で周りもうつ病になるとされているようです。

うつ病についての気を付けるべき心がまえ

共感する事で、性質が似た人が同じ症状になる場合があると言いましたが、そうなりえる場合に備えて、患者には細心の注意が必要ですが自身には深刻に悩むなどはしない様にすることが大事です。

意識しすぎた場合は逆に悪くなることがなくともなってしまうものです。

意識しすぎず、真剣に

先に述べた意識しすぎない事ですが、簡単に考えるのとは違います。

うつ病の方は不安であったりを話す事で落ち着くことが出来ます。

例え短い時間で、真剣に話を聞き、先程は共感しすぎは禁物といいましたが、患者さんの「意見」としては共感して、その意を伝えて上げる事が回復にも大きく影響するとされています。

過剰になり、同時に自身まで同じ症状になるとされてはいますが、自身と患者さんの接し方に気を付けながらも、お互い信頼関係をもってして、自然な態度をとる事が、早い症状軽減と回復につながるのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする