うつ病になると仕事に行けない事について


「何だか今日は仕事に行けない気がする」。

何もしたくないという思いがあり、そんな事が頭に浮かんでしまった場合はうつ病を疑った方がいいとされています。

そもそも、働き盛りでこういった感覚に悩まされ、気付けばうつ病になっていたという例は多いとされます。

仕事に「行きたくない」ならば、明白であってもなくても理由は生活の中で何かあるものですが「行けない」場合は軽く考えない方がいいかもしれません。

それは、通常の疲れやその他の要因が原因ではなく、うつ病の症状で「行けない」のかもしれないのです。

それでは、なぜ、うつ病になる年ごとに行けないのかについて解説していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

そもそもうつ病の症状とは?

仕事に行けないと体が拒否をするほどの症状がうつ病だとすると、どんなものがあるのでしょうか?

実は症状としては1つ1つであれば誰もが多かれ少なかれ抱えていることがあるというものがほとんどとされますが、うつ病となるとそれらすべてが一気にきます。

気分が重く、何事も楽しくもないので興味が出ないなどを始め、疲れがたまった感じがあるが眠れず、イライラとし追い詰められている感じや、自身をせめるなどがあります。

そこから悪循環で思考力の低下に倦怠感があり、食欲などの必要な感覚の低下に疲れや頭痛などの体調不良が重なってきます。

1番つらいのは先程述べた精神的な追いつめられる感覚が強く出てくる事と言われており、仕事をしていてもうまくできなくなってしまうようです。

うつ病の原因とは?

うつ病と聞くと誰もが心の病と思われるでしょう。

精神的なにも多く影響があり、判断力や意欲が低下し、仕事もままならなくなるのですから。

しかし、実のところうつ病とは能機能障害の1つであるとされています。

うつ病の症状の判断力や威力、感情制御に集中力の低下といった一見精神的なものに見えるものはすべて前頭葉の働きからくるものだからです。

うつ病で仕事に行けない状態が出来るまで

先に述べた原因から、通常なら行える業務に支障が出てしまう為、周りに迷惑がかかるなどの自責の念や、うつ病であると分からない状態であれば上士などにしかりつけられてしまう事もあるでしょう。

自分のした事が曖昧になり、仕事の仕方などもわからなくなり混乱状態が続けば周りとコミニュケーションも取りづらくなる為、更に自信を攻めどんどん悪化していきます。

こうなっていくと仕事に行きたくないというより、これ以上仕事に行けないという風に限界を迎えてしまうのです。

ですから、今までとは違う過剰なミスや年齢にそぐわない記憶力の低下などがあり、過度に気が落ち込みやすくなった場合は、まず専門医に相談をしましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする