うつ病の症状が出たらするべき対応


現代社会においてはストレスがないという事はほぼないと言ってもいいでしょう。

そんな中多く聞くのがうつ病になってしまったという方やその対応についてのお話です。

症状や度合いも様々ではありますが、一様に今までの生活とは大きく変わる為戸惑いや不安の声が多いとされます。

同時にそれは患者さんの家族の方にもあるとされています。

そんなうつ病の症状が出た場合の対応について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病に対する考え方

さて、うつ病になった場合は今までとは生活が一気に大きく変わります。

何故なら、働きながら治療という事はまず難しいので休職したりしなければならなくなります。

今までの生活の糧を得ていた仕事が出来ないというだけでも大きな事となるでしょう。

うつ病は確かにそれだけ大きく影響をもたらす病ではありますが、周りの過剰反応は禁物とされます。

あくまで自然に、「誰でもなる可能性がある」事などを含め、しっかり治療するなら治るという事を踏まえ、批判は勿論の事、責めになるような強い口調や意見に、逆の同調のし過ぎに過剰反応は避け、穏やかに寄り添ってあげてください。

うつ病の注意すべき症状について

周りの患者さんへの心構えは先ほどの通りですが、その症状によっては本人もうつ病であると気づかない事が多くあります。

注意してみるべき症状としては、ソワソワ、イライラして周りに当たったり、なだめるも落ち着かず、出された薬を飲まないか過剰に内服するなどの行動があったり、死をほのめかすなどの行動党がみられます。

こういった症状がみられた場合は対応できる事は多くなく、すぐに専門医に相談や受診をしましょう。

周りの対応の第一歩について

先程までは症状や心構えについてお話してきましたが、いくつかしておくべき事もあります。

近しい家族の方がうつ病に苦しんでいる事は、見ている側もつらいものですが、だからこそきちんとした対応が必要となります。

その為に周りがまずすべき事はうつ病についての知識を学ぶことです。

中には今現在するべき事も大切ですが、患者さんを支える方々のメンタルケアや患者さんの復職についても周りのフォローなどは必要不可欠です。

こういった知識はリワークプログラムなどで調べていくと、それらを通して他の方の意見なども学べるので非常に重要となります。

あまり多くで利用できる訳では無いですが、1度精神保健福祉センターなどに問い合わせるなどの手段があるとされています。

これらを利用し、患者さんご本人はもちろんの事ご家族にも重要な事とされています。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする