うつ病患者の妊娠についての対応

うつ病患者の妊娠についての対応
うつ病の治療中に妊娠をしてしまったが、ない服治療の影響は胎児にあるかということや、妊娠出産の前後でのうつ病について考える女性は意外とおいものです。

元々うつ病患者の状態であった人が妊娠した際に治療薬の影響を気にするのはもちろん、妊娠出産の後のホルモンバランスの乱れからうつ病になってしまう人もいるのが原因だと言えます。

では、うつ病患者の方が妊娠した際の胎児への影響と、妊娠出産後にうつ病患者になってしまう人についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病患者の方が妊娠した場合について

うつ病の治療薬を内服した状態の妊娠出産と聞くと、真っ先に考えるのは胎児への影響でしょう。

まず大切なことは落ち着いて担当の医師に相談することです。

慌てて独断での薬の中断はしないということが大切です。

妊娠において薬剤などの影響が胎児の脳やせき髄、体の形成に影響を及ぼすとされるのは妊娠15週とされています。

しかしその期間での内服が奇形の増加につながるかというと、実はしっかりとした証拠もないのです。

いうとするならば、多く服用する必要があったりはよくないが、飲んでいた方が安定するとされる場合は服用しておく方がいいともされています。

あるとしたら受精後の2週間まででの服用の影響がある場合に早期流産などが起きてしまうか、影響を受けはしても健児を集散するともいわれます。

心肺ではありますが、どちらかというと以前の内服薬より、妊娠を知った後の行動などに重点を置くべきです。

この場合、確かに何が起きるかは分からないということから、症状によって軽ければカウンセリングなどの対応に切り替えることもあります。

薬が絶対必要であればその影響について、やはり担当医への相談から始めるべきです。

重要なのは周りにどれだけ助けてもらうかということの出のストレスの軽減の方が重要です。

ですから、妊娠発覚後に慌てて独断でない服をやめたりはしないようにして、担当医の指示に従いましょう。

場合によってはその独断の判断が症状悪化を招き、取り返しのつかない事態へとなる事もあるのです。

何より、注意すべき期間はありますが、重要とされる15週を超えてしまえば奇形に関する問題やリスクなどよりも、飲酒などの方がよほど悪影響になるのです。

妊娠出産後にうつ病患者になってしまうことについて

ホルモンバランスの乱れから出産後の女性が鬱病を訴えることは多く、注意が必要でもあります。

しかし、結果ら言いますと産後のうつ病発症率は一般女性のそれとあまり変わらないのです。

むしろ、発症する可能性があちこちにある為、周りとの連携協力が必要である点ではあまり変わりません。

ちなみに産後の女性のうつ病発症に関しては時期的な物であるととらえ、子育てに自信がもてないなどの考えが原因となります。

もし発症したとしても、ひどくなる場合は適切な治療を受けていないことが原因となる為、周りとの協力連携を重視しましょう。

最後に

新たな命を預かる場面である妊娠出産ですが、うつ病そのものの発症率は通常の患者さんと変わりません。

必要なことは、周りとの連携と協力と、主治医の指示に従い、しっかりとした治療を続け対処するということが重要なのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする