うつ病診断から完治への費用について

うつ病診断から完治への費用について
病気になればもちろん治療をするのが当たり前であると、誰もが思うものです。

ではどこでどんな治療を受けるべきか?

これも考えることの1つでしょう。

ですがこの過程でどうしても外せない考えがあります。

うつ病診断を受け、治療をする流れの次に出てくる話。

それは治療のための費用についてです。

これに関しては、うつ病診断を受けた受け内ではなく、どのような病気であったとしても必ず発生する問題です。

では、うつ病診断を受け治療にかかる費用についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病について

さて、うつ病診断を受けてから治療が開始するというお話でしたが、そもそもうつ病とはどんなものなのでしょう?

うつ病とは何事もしようという気力そのものが出ず、気も落ち込み日に日に弱っていく病気であり、重篤な疾患と言えます。

決して軽く「すぐ元気になる」などと思いませぬよう注意してください。

ですから、うつ病診断後には速やかに治療の準備に入りましょう。

ちなみに一般的になりやすいとされている人の傾向というものがあり、まじめな性格や生真面目な性格であったり、仕事熱心な責任感の強い方に多いと言われています。

この手の方は休むということをしませんので放置してそのまま症状悪化ということがありますので、周りも気を付けましょう。

うつ病の治療方法について

ではその治療法についても知らなければ費用の算出などできようがないので、やはり知っておくべき項目でしょう。

うつ病の治療方法ですが、その症状の重さにや傾向などによっていくつかに分けられることもありますが、ここでは主になる3つを紹介しましょう。

まず抗うつ薬などによる薬物治療法です。

この場合薬の種類も多く、病状に合わせて種類も量も変わってきますので一概にこれだけでということも定まっていません。

もちろんこれは度の治療においても1人1人違いが出ます。

そしてこの抗うつ薬の治療はあまり病状が深刻化してしまうと効果がなくなってしまうので、早期発見と早期治療を心がけましょう。

効果があるとされている時点の症状としては「気落ち・不安感・いらいら」などの症状とされています。

ただし副作用もあり「眠気・胃腸への障害・頭痛・食欲低下」などが出ることがあるので、こういった症状があった場合は医師へ相談しましょう。

次にあげるのは心理カウンセリングです。

うつ病の患者さんは、まず人に話を聞いてもらうということがとても大事なことです。

それだけで楽になり、原因究明にもつながります。

同時に再発防止対策としても有効です。

最後に病状がすでに深刻化した後であれば、入院が必要となります。

この場合の治療方法についてはまさに千差万別であり、付きっ切りの治療となります。

同時にこの場合は目に見えて治療費用が気になると思われますが、日本の国民皆保険制度では公的健康保険の補償が受けられるため自己負担もある程度は高額になりませんが、やはり注意するべきことも必要ですので調べておきましょう。

費用について

うつ病診断の時点でどれほどの病状であるかにもよりますが、やはり治療する場合は費用がいくらかかるかという不安は強いものです。

特にうつ病という形の病気であると治療期間が明確ではないのでさらに不安であることは間違いありません。

治療の為であれ、病状の為であれ仕事が出来ないという事態に見舞われることもあります。

仕事が出来ない場合は公的保険の傷病手当金というものを利用できます。

業務外での病的な理由から働けない場合に休むなどをして給料の支払いがない。

または給料が下がるといった時、その間の生活保障制度です。

この場合、連続3日間欠勤で4日目から傷病手当金の支払いがあります。

先程話に合った入院の際の費用に関しては高額療養制度というものが存在します。

この場合、「70歳未満で現役世帯、3割負担」という制度です。

勿論、治療費が高額になれば負担も大きくなり、1ヶ月自己負担上限の定めもあります。

これにベット代など部屋代の加算もあります。

この制度の利用に関しても注意が必要になります。

病気の状態や医療機関の状況などでこれらの制度があったとしても、先の見えない治療は不安なものです。

制度に関しては担当する部署に。

病状については医師との相談のもと注意しながら治療をしていきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする