うつ病期克服のきっかけとは?その克服方法について


ストレス社会と称される近年。

多くの人々が精神疾患に悩まされています。

その中でもとりわけ多いのが「うつ病」です。

同時になりやすい疾病でにもかかわらず特効薬もなく、治療期間も定まらないという状態です。

しかし、それでも病気は治っていくのです。

だから誰もが自身の病気を治す為に治療に励んで日々を過ごしていくのです。

では、「うつ病克服」のきっかけについてお話していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病の治療期間について

そもそも、精神疾患は物理的にはほとんど確認することが出来ないため治療期間が明白ではない場合が多いのです。

患者さんの性格や病気の状態。

療養環境や原因などによっても変わります。

そんな中でうつ病克服にかかる期間ですが、長期的とされても半年前後であると言われています。

それより長く苦しんでいる人もいると言われますが、そこは個人差もあり、人によっては再発で再び治療している場合もあります。

ただ、この期間ですら3ヶ月でうつ病克服ができたという方もあれば、数年単位での治療の末という方もいらっしゃいます。

半年前後と入っても細かく言うと3ヶ月~7ヶ月くらいが最も多い例だと言われますし、逆に長いと数年という考えもあります。

ただ度の場合でもいえることは、焦りは禁物であるということです。

他の患者さんがすぐよくなったのに自分はまだまだだといった考えでいると、さらに病状が悪化してしまい、うつ病克服のきっかけも逃してしまいます。

同時に先程から「克服」という言葉を使っていますが、これは再発の恐れがない状況という意味もあります。

やはり治療をする場合は、再発は防ぎたいと思うからこそなのです。

うつ病克服への重要性

症状の軽減などが恐らく治療中に起きます。

しかし、これは克服ではありません。

「急性期・回復期・再発予防季」を経て初めて克服へとつながっていくのです。

だいたい期間として順番に「1~3ヶ月・4ヶ月・1年以上」となります。

ですから、回復したからと言って利用を勝手に終了したりせず、医師に相談し、指示に従ってください。

うつ病克服のためのきっかけについて

さて、克服のための期間についてはお話しましたが、その期間で克服するためにも何かきっかけがある方が結果は違ってくるものです。

きっかけと言っても劇的な何かをというわけではありません。

いつも療養のために家にいるのなら日に当たる為に散歩をしてみることも大切でしょう。

規則正しくバランスのいい食事も非常に重要ですが、同時に少し気分の変わるものを加えるのもいいでしょう。

うつ病にいいと言われるのは「カツオ・ハマチ・レバー・牛乳・ヨーグルト」などがありますから、気分(気持ち)的に変化や在り方を変えるのに試してみるのもいいでしょう。

少し違うことをするということも時に自身へと変わりますので、少しずつ克服していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする