なぜ鬱病患者にがんばれが禁句なのかについて

鬱病患者の人に「頑張れ」は言ってはいけない、というのはよく聞く話です。

病気の人になぜ頑張るよう言うことがいけないのかと言われそうなものですが、実際これは言ってはいけないとされているのには意味があります。

なぜ言ってはいけないのかと不思議に思われる場合は、どこかで鬱病を気持ち次第でどうにでもなる病であるという認識がいまだあるのでしょう。

しかし、それは全く違います。

鬱病とはそう単純なものではなく、鬱病患者の方々にとって「頑張れ」は別の意味に聞こえているのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

鬱病患者にとっての「頑張れ」は限界の言葉

通常「頑張れ」と言われた場合、それは自信を奮い立たせるための言葉であると受け止められます。

しかし、鬱病患者の方にとっては「今まで頑張ってきて、今苦しんでいるのにこれ以上どう頑張るのか?」という風に、逆に限界を意識させ追いつめる言葉になってしまうのです。

これが冒頭でも申し上げた「うつ病患者の人に『頑張れ』は言ってはいけない」につながるのです。

合わせて良くないとされているのは「頑張って今までの自分に戻ろう」と一体との意識や言葉です。

この基準というのは、今よりいい状態の時であり、“今の”患者さんではないのです。

それは過去へ戻ることが出来ないのと同じで、今後は“先”を見るべきであるとされているからです。

それは、今の患者さんの状態から治療期間を経た後は時間も状況も経過し変化しているのですから“以前”となるので、そこに戻ることを目的とするような発言は避けるべきなのです。

鬱病患者に必要な「頑張れ」とは?

では、「頑張れ」という言葉そのもの全てがいけないのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

患者さんの今の状態は普通の状態ではなく、むしろ今までできていたことが出来ないという事への劣等感などのマイナスへの意識が強くなっています。

そこに向けての頑張れが「今のだめな状態ではだめだから頑張れ」などというものであった場合は言ってはいけない「頑張れ」です。

しかし、逆に患者さんが求めている必要な「頑張れ」も存在します。

一番必要なのは共感しているという意味合いの言葉です。

今がだめで気落ちしているのですから「今までつらい中よく頑張った。さぞつらかっただろう」と言った今までの努力や苦労を認めて一緒に肩を叩きあうといったことそのものが必要とされるのです。

それ以外にも「一緒に頑張ろう」と言った言葉は闘病生活においては非常に必要とされる言葉となります。

元気付けるためにしてはいけない話

基本的に鬱病患者の方への接し方としては、聞き手に回ることが大切ですがやはり何かしら元気付ける言葉を送りたいとも思うものであり、それが少しでも患者さんを元気に出来るならという思いの表れであるということは間違いありません。

しかし、ここでしてはいけないのは“押し付ける”ことです。

例えば先に述べた通り患者さんの今と今まではもう別物として考えるべきであるにもかかわらず、「今までできていた」や「自分はこうしてうまくいったのだから」と言った励まし方は逆効果になってしまいます。

これは患者さんの求める共感ではなく押し付けになるので、こういったところから考えて、より良い環境での治療に専念してもらえるように心がけましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする