様々な鬱病症状の痛みについて

鬱病とは精神的なものからくる病である、と誰もが考えていらっしゃるのではないでしょうか?

こう考えてしまうと、鬱病では物理的な被害はないと思われる方も多いと思いますが、実はそんなことはありません。

鬱病の症状の中には痛みが生ずる場合もあるのです。

精神的な病気に痛みがあるというと不思議に思われるかもしれませんが、実は“病は気から”ともいうように、体はしっかりとダメージを受けているのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

様々な鬱病の症状。その中に痛みも含まれている

鬱病の症状の中には確かに痛みも含まれているのです。

その原因そのものは不明ということにはなっていますが、精神的な病気であることから脳内での物質の減少が起きてしまうことが挙げられています。

脳内で気分などに影響がある物質というと「セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミン」など、誰もがどこかで聞いたような名前が思い浮かぶことでしょう。

しかし、鬱病になってしまうと落ち込んでやる気が出ないこと。

すなわち気分が下がる為、それらの物質が減少するのです。

ノルアドレナリンなどは「下行性疼痛抑制系」という痛みを抑えてくれる神経から分泌されるのですが、鬱病はその分泌量の低下を招いてしまい、あちこちに痛みが出てきてしまうのです。

鬱病の症状からくる痛みとは?

さて、痛みを抑える物質が鬱病で低下することで、体に痛みが出てしまうというのがその正体ですが、はっきり言って度の痛みが鬱病からくるのかということは分かりづらく判断が難しいのです。

一応一般的なものとしては「頭痛」をはじめ「腰痛・肩痛・胃痛・歯痛・舌痛」などがあります。

ただし、その痛みそのものは耐えられないような激痛というよりは、長く続く地味な痛みといった感じのものなのです。

ゆえに、「ああ、鬱病だからこんなに痛いんだ」と言った識別は出来ず、特徴のない痛みが出てくるのでほとんどは気づかれたり、自身も気にもとめていなかったりと言った状態になる為、気づかれないで病状をひどくしてしまうこともあるのです。

鬱病の症状からの痛みを治すには?

ではそんな痛みの治し方ですが、一番わかりやすいのはもちろん鬱病を治すことです。

これが原因なのですから。

しかし、それには痛みなどを我慢しながらの鬱病の治療もつらいものです。

そこでまず行うべきは生活習慣の改善と運動などをしていくことです。

鬱病なのに運動なのかと言われそうですが、鬱病からくる痛みは実際体がダメージを受けているわけではないので動かす分には全くと言っていいほど影響はありません。

体を動かすのは自然な状態で先程の脳内物質を分泌させるのによいからです。

規則正しく生活をすると、ホルモンやそのほかの体内物質の分泌は比較的に良くなり、みを抑えてくれる神経から分泌の量も増えるのです。

その他は抗うつ薬の中には痛みに効くものが存在しますので、担当の医師に相談するのもいいでしょう。

中には筋肉弛緩薬や鎮痛剤を勧められることもありますので、しっかり医師と話し合いをして決めましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする