うつ病診断は何科に行けばいい?


うつ病患者の数は年間100万人を超え、誰がかかっても不思議でない病気と言ってもいいかもしれません。

本人が辛さを感じ、家族や周囲の人もいつもと様子が違うと思った時には、病院への受診が検討されますが、何科を受診すればいいのでしょうか。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

うつ病かな?と思ったら

うつ病かな、と思ったらなるべく早く病院を受診するよう勧める文章をよく見かけます。

もちろんこれは正解です。

うつ病は、症状がひどくなると何をする気にもならず、一日中ベッドから出てこられないこともあります。

こうなると、受診そのものがとてもハードルの高い行為になりますので、そうなる前に専門の医師に診てもらうことが大切です。

ただし、何科でもうつ病診断が可能なわけではありません。

また、うつ病を診てくれる病院と、うつ病の治療に向いている病院が必ずしも同じとは限りません。

うつ病診断が可能な診療科

うつ病診断が可能なのは、精神科と神経科、精神神経科です。

この3つは同じと思って構いません。

診療科目を何科と表記するかは、基本的にその病院に任されているところがあり、精神科という表現に抵抗を感じる人のために、メンタルヘルス科やメンタルクリニック科といった表現を使う病院も増えています。

また、同じ理由で心療内科と表記している場合もあります。

このような配慮が逆に、何科を受診すればいいのか混乱させている面があります。

心と体は深く結びつき、心の問題が体の病気と深く関係していることも多いため、両方の側面から治療をおこなう必要がある場合も少なくありません。

そのため、内科が専門の医師でも精神科的な治療も場合によってはする、というときに、内科・心療内科、というふうに科目名を併記して使うこともあります。

似た名称で「神経内科」や「脳神経外科」もありますが、いずれも神経や脳の器質的な原因で疾患が起こっている病気を扱いますので、うつ病診断はできません。

基本は精神科

うつ病は精神科領域の疾患ですので、何科に診てもらうか迷った場合は、精神科の医師に診てもらうのが基本です。

最近は「精神科」という表現でなく、患者が訪れやすいよう、心療内科、メンタルクリニック、という表記がされていることも多いようです。

内科の医師でも、うつ症状を診てくれる場合もありますが、投薬するだけでいわゆる精神科的な治療は望めないのが現状です。

うつ病が疑われる時、自分のことをよく知る内科医に症状を相談し、アドバイスをもらうのは悪くはありませんが、心療内科と書いてあるからといって、全く見ず知らずの内科医に見てもらうのはお勧めできません。

うつ病は未だ原因がはっきりしていない部分が多く、うつ病診断されたからといって薬を飲めばすぐに治る、という簡単なものではありません。

一度かかると再発率も高く、病院とは長い付き合いになる可能性も高いのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする