うつ病の不眠にルネスタは効果あり?副作用の心配は?


うつ病の症状のひとつとして、不眠があげられます。

布団に入ってからもなかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりといった症状が毎晩続くのは辛いものです。

そんな不眠の解決策のひとつとして、睡眠薬の服用がありますが、睡眠薬のルネスタはうつ病が原因の不眠にも効果があるのでしょうか。

ルネスタとはどんな薬なのか、うつ病による不眠には効果があるのか、副作用はないのかについて調べました。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

ルネスタはどんな薬で、うつ病の不眠に効果はあるの?

ルネスタはこんな薬

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、アモバンという睡眠薬から効果がある成分だけを抽出して作ったものです。

薬の強さとしては中程度で特別強い薬ではありませんが、アモバンの欠点である苦みの成分を取り除き、より飲みやすく、副作用も少なくなっています。

ルネスタが効く不眠のタイプは?

睡眠薬はその作用が持続する時間によって4種類に分けられますが、ルネスタは超短時間型に分類されます。

ルネスタを服用後、約1時間で血液中の薬の成分がピークに達し、4~5時間程度で半減して効果が薄れます。

つまり、飲んでから薬が効き始めるのが早く、効果が薄れるのが早いので、朝起きた時に薬の影響が残りにくいといえます。

なので、なかなか寝付けないタイプの不眠の人や、睡眠時間が5~6時間程度の短い人に向いています。

また、製造元のエーザイによれば、うつ病の人が夜中に目覚めてしまう不眠にに関しても、中途覚醒時間が短縮する効果がみられたということです。

ルネスタの副作用と飲むときの注意点とは

ルネスタは比較的副作用が少ない睡眠薬ですが、全く無いわけではなく、次のような副作用がみられることもあります。

苦み

アモバンより苦みは少ないですが、服用後でも苦みの成分が唾液に交じって出てきて、口の中に苦みを感じることがあります。

健忘

効き目の早い睡眠薬に多い副作用で、人と話したりといった、薬を飲んだ後の行動を全く覚えていないことがあります。

傾眠

薬の副作用で日中もぼんやりしてしまったり、うとうと眠くなる人もいるようです。

めまい

ルネスタは睡眠薬の副作用に多い体のふらつきは少ない薬ですが、体が浮き上がるようなめまいを訴える人もいます。

服用するときの注意点

・効き目が早いので、健忘を防ぐためにも寝る直前に飲み、飲んだらすぐに布団に入る。

・当然のことながら、服用時の飲酒や車の運転はしない。

・日中の眠気が強い時には、薬の量を減らすなどの対策をとる。

・健忘の症状が多い時には、効き目が長いタイプの睡眠薬への変更を検討する。

・依存性は低い薬ですが、長期の服用は薬が効きにくくなって量が増えたり、依存が出てくることもあるので避けます。

ルネスタの効果と副作用のまとめ

ルネスタとは

・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で薬の強さは中程度、副作用や依存性が比較的少ない。

・超短時間型に分類される睡眠薬で、効果が早く出て、薄れるのも早い。

・うつ病による不眠で寝つきの悪い人、夜中に目が覚めてしまう人、睡眠時間が短い人に向いている。

ルネスタの副作用は

・苦み・健忘・傾眠・めまいなど。

ルネスタ服用の注意点は

・効き目が早いので、飲んだらすぐに布団に入る。

・服用時の飲酒と運転は避ける。

・傾眠や健忘の副作用が強い時は、薬の量を減らしたり他の薬へ変えるなどの対策をとる。

・長期の服用は避ける。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする