うつ病で病院に行きづらい迷いを振り払い一歩踏み出すためには


気分の落ち込みや不眠が続いていたりと、「もしかしてうつ病かな?」と思う症状が出ていても、いざ病院へとなるとなかなか行きづらいものです。

しかし、うつ病は病院での治療が必要な病気であり、他の病気と同じく、早期に治療を始めることで重症化を防げます。

病院に行きづらいという不安を解消して、治療への一歩が踏み出せるように、うつ病の主な症状と受診のめやす、病院選びや初診の内容などについてまとめました。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

この症状はうつ病?病院に行くタイミングは?

うつ病の原因は、環境の変化やストレスなどの心理的な原因と病気や疲労などの身体的な原因があり、それらが複数重なることで発症すると考えられています。

真面目で周囲に気を使ったり、自分を表現するのが苦手といった性格の人は、うつ病にかかりやすい傾向にあります。

また、うつ病になると、心や体に様々な症状が現れます。

以下にあげた症状が複数当てはまり、2週間以上続いているようなら、うつ病を疑い、病院に行きましょう。

・眠れない、または眠ってばかりいる。

・食欲がない、または過食してしまう。

・気分が落ち込み、自分を嫌悪する感情が湧く。

・体がだるく、何をするにもおっくうに感じる。特に朝がつらい。

・集中力がなく、仕事の能率が下がった。

・何をしてもつまらなく感じ、好きな事にも興味が持てなくなった。

うつ病の病院選びと、安心して受診するためのポイント

うつ病が疑われる場合は、精神科か心療内科を受診します。

精神科は心の病気が専門で、うつ病もこちらが専門になります。

いっぽう心療内科は内科に属し、精神的なものが原因で体に症状が出ている場合に受診する科です。

初期のうつ病も診てくれますので、精神科は行きづらいという場合や、胃痛などの体の症状が主な場合に受診するといいでしょう。

また、うつ病の治療はある程度時間がかかるものですから、職場と家の間にあるといった、通いやすさも念頭に入れて探します。

精神科では予約制をとっている病院がほとんどですので、まずは電話で問い合わせをしてみて、その対応の善し悪しで自分に合いそうな病院を探すと、病院に行きづらいという気持ちも楽になると思います。

病院がみつかったら次は受診ですが、うつ病の診断は、問診が主になります。

どんな症状がいつ頃からあるのかなど、あらかじめメモを取っておくと、伝え忘れがなくスムーズに話せます。

どんな症状がつらいのかや、睡眠の状態や食欲の有無、自分で思い当たる原因など、箇条書きでいいのでまとめてみましょう。

持病や普段飲んでいる薬があれば、それも医師に伝えます。

うつ病で病院へ行きづらい時の受診のポイントまとめ

心の病気はなかなか病院には行きづらいものです。しかし、うつ病は誰もがかかる可能性のある病気で、本人の「気の持ちよう」で治るものではありません。

風邪をひいて咳がつらければ病院へ行くように、つらい症状がひとつでもあるなら、勇気をだして病院で治療を受けましょう。

・不眠や食欲不振など、症状が2週間以上続いている場合は病院へ。

・うつ病の専門は精神科、初期のうつ病や身体症状が主な場合は心療内科でも可。

・物理的な通いやすさも含め、心理的にも自分が行きやすい病院を選ぶ。

・診察は問診が主なので、あらかじめ症状や原因などをメモしておく。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする