対人恐怖症の対応策について

近年便利になっていく社会の中では、今まで多くの人と関わり、様々な人と共に対応してきた事などを少人数で、しかもかなり労力を抑えて行使できるようになってきました。

それは確かに便利ですが、他者とのかかわり方や距離の取り方などを測る際に必要な経験を積む機会も減ったせいか、それ等とは別の部分で大きなストレスを生み出しているようです。

結果起きてしまっている事としては、人とのかかわりや人前での行動において起きる不安障害とされる対人恐怖症などに悩む人が増えているとされます。

それでは、対人恐怖症とその対応策について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

対人恐怖症について

そもそも対応についてお話する前に、対人恐怖症とは一体何なのかということについて説明していきます。

対人恐怖症とは、他者を強く意識したり、過去のトラウマや失敗に強い恐れを抱くことによって、本来人間関係では誰も気にしない事を気にして、悪い方向に考え、更に自身を責め精神的な不安状態であったはずの症状が震えや赤面に大量の汗を流すなどの症状までもを伴う場合の事を言います。

この状態には20代~30代の女性が比較的多く陥りやすいとされます。

理由としては就職から結婚などの変化により人間関係が複雑化していき、今までにないストレスも伴うが故とされています。

この対人恐怖症に関しては種類も実に多く存在しているとされます。

もしも身近な場所で対人恐怖症の人がいた場合にするべき事

さて、対人恐怖症であると身近な人などに告げられた場合はどうするべきなのでしょうか?

対応の仕方の前にしておくべき事についてお話していきます。

そもそも、人見知りと対人恐怖症は同じであるという考えが多くの場合はあるとされますが、その考えから改めていきましょう。

人見知りはきっかけや個人差がなどがあるものの徐々に改善されるとされるものですが、対人恐怖症の場合はしっかり対応するか治療を受けなければならないものであるという事を肝に免じましょう。

「人前は緊張するから気にすることではない」と思ってしまいがちで、更に対人恐怖症であると告げられてもそういった対応をしてしまいそうですが、絶対にしない様にしましょう。

それより先にするべきは、その症状の知識を持ちましょう。

対人恐怖症への対応について

さて、学ぶべき事を学んだ後は接し方ですが、こちらに関しては最初は誰もが距離の取り方に悩むものと言われています。

指導としては「自信を取り戻していく」事とされていますが、やはり周りの協力や環境は重要です。

こういった症状の場合は放っておく事がいいともされますが、受け答えは普段通りでもよいようで、重要なのは周りが「早く治しましょう」というプレッシャーをかけない事です。

患者の方も、出来るなら早く治したいもののそれが出来ないのが現状なのです。

ですから、なるべく話を聞き、せかしたりしない様に適度な会話と共に見守っていきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする