対人恐怖症の種類と改善策について

現代社会においては様々なツールが発達し、それ等はさらに多くの仕事に生かされ日々世の中は回っています。

それはとても便利であり、今まで多くの時間や労力を必要としていた事も1人で行えます。

しかし、その影響なのか近年は人との接し方やその距離の取り方などの測り方に難しさを感じ、多くのストレスを感じることも多いのではないでしょうか?

そんな中、人前でじかに何かをすることに苦痛を感じるなどの症状が出ると言われる、対人恐怖症というものなどが増えていると言われます。

その種類もいくつかあり、より深刻化しているとも言われます。

それでは、対人恐怖症の種類とその改善策について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

対人恐怖症について

さて、まずは先に述べた対人恐怖症についてお話していきましょう。

対人恐怖症と言うのは一種の不安障害とされている状態であり、人の視線に非常に反応してしまったり、通常なら気にも留めない失敗などを人前ですることがあった場合を考え、ネガティブ志向が強く出てしまう為、物理的にも手や声の震えに動悸や息切れに大量の汗が出たりするといったパニックを起こすとされています。

この対人恐怖症の多くは社会不安障害とも言われており、20代~30代のじょせいにおおくみられるとされます。

その原因としては就職などの変化に加え、家庭を持つなどの出来事が起きる時期でもある為、近所づきあいや保護者同士の付き合いが増えていき、以前の人間関係よりも複雑かつ付き合い方が難しくなるという事からトラブルが増え、結果人付き合いに恐怖を感じているという状態に陥るとされています。

対人恐怖症の種類について

対人恐怖症がどういった物かは先に述べた通りですが、ひと言で言ってもその種類はいくつか存在します。

人の前で顔が赤くなるなどの状態が出る為に人の多い場所を避けようとする赤面症や、自身の要旨などを気にして他者にいやな思いをさせているのではないかと悩み、実際は誰も気にも留めていない事であっても人の前に出てはいけないと思い込む醜形恐怖。

会話中にどもるなど、きちんと会話できているかどうかを非常に気にする吃音恐怖。

誰かの前で文字を書くといった行動の際に手の震えが出てしまったり、集まりなどでお酒を注ぐなどの行動の際に手の震えが出る書痙。

「自己視線恐怖症・他者視線恐怖症・正視恐怖症・脇見恐怖症」といった種類がある視線恐怖症。

多くの場合、過去の出来事などからトラウマとなり発症してしまうという男性又は女性恐怖症と言ったものが存在すると言われます。

対人恐怖症の改善について

基本的に対人恐怖症のほとんどは精神的な部分が大きい為、薬の処方などの目に見えた改善策はあまりないとも言われています。

故にできる事はその物事について、自信を持つという事が改善策でも重要となります。

さらに、他者からの視線に反応してしまうなどの過剰な意識が原因である場合は、「知らない人である・もう会う事もない人である」という考え方をするように努める事も改善策としては有効とされています。

何にせよ、これらの対策にはまず医療機関の協力も重要となりますので、専門機関に相談しましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする