過食症とストレスの関係性について


過食症と聞くと多くの人はどういった印象を持たれるでしょうか?

「ただ、食べるのが好きなんだろうな」といった感想はあまりないと思われます。

多くの場合は何らかの過剰ストレスからきているのではないだろうかと言う考えに達するのではないでしょうか?

しかし、ストレスと過食症は精神的なものと物理的なものです。

同時に起きてはいるものの関係性や影響については良く分からないという人もいるのではないでしょうか?

それでは、過食症とストレスの関係について説明していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

過食症について

まず過食症とストレスの関係について話す前に、過食症について説明しておきます。

過食症とはとにかく過度に食べるというのは読んで字のごとしと言うべきですが、実際に過食症の人を見ると太っていない方が多いというのが現実です。

食べればその分太っていそうな気もしますがです。

一体どうなっているかについてですが、過食症には大きく2つの傾向に分かれており、自発的に食べたものを吐き出している為に栄養を摂取していない「自己誘発性嘔吐」を行うものと、下剤などを使用する事で太らないようにしている「代償行動」を行うものがあるようです。

後者の「代償行動」については薬に慣れた場合は聞きづらくなる為、だんだん量が増える危険性があります。

その他にも特徴はいくつかあり、家族などに隠れて食べたり、食べた後に罪悪感を感じる。

ストレスでイライラした場合に食べ執着しつつも、太ることを恐れているが食欲のコントロールが出来ないなどがあります。

過食症とストレスについて

さて、先に述べた過食症の特徴ですが、その原因そのものがストレスなのです。

ストレスの原因そのものはまた別の話で、数多くあります。

それは学生であれば勉強関連であったり、社会人であれば仕事関連であったり、多くの場合であれば人間関係や家族関係などが代表的です。

また、何かに失敗した際も同様に強いストレスを感じた場合も含まれます。

しかし、矛盾しているとも思われますが、原因そのものがダイエットなどの一環として考えた場合であったり、うまくいかないダイエットからくるストレスが原因となっている場合も多くあるといわれています。

過食症への対応

さて、過食症となると栄養バランスが乱れて、体のいたるところに影響が出ます。

女性に多い事から月経の期間や状態に異常が出たり、むくんだり冷え性が酷くなったり、貧血に低血圧や腎機能障害が出ることもあります。

嘔吐を繰り返すと勿論口腔内にも影響が出て、王都の際の遺産ではが痛んだりすることもあります。

精神面に関しては言うまでもなく悪影響しかないのです。

もはやここまで言ってしまえば間違えなく、ここまで行かなかったとしても治療が必要になります。

この場合は認知行動療法が主となるといわれています。

それらを踏まえて早めに李朝を開始しましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする