引きこもりになる事もある社会不安障害とは?


近年、様々な事が進化している中で極端に人とのコミュニケーションが減っていたり、変化していったりしていると思われるケースは多くあるようです。

元々、1度の失敗ですべてが影響するという感覚が強くあったとされるせいも大きくあるようで、その会話で発する言葉や立ち振る舞い1つですらもはや異常と言っていいほど気にする必要が出てきているとされます。

しかし、それで世の中は回っているの事実である必然的にそれが通常として誰もが生活してもいます。

ですがそんな中、そういった立ち振る舞いが極めて困難であると感じるとされる人も勿論おり、それらを一般では社会不安障害といい引きこもりになってしまうというケースもあるようです。

では、社会不安障害と引きこもりになることについて説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

社会不安障害について

さて、近年メンタルヘルス関連で多くの企業が力を入れているとされていますが、その内容ははるかに多くあるとされています。

その1つに「社会不安障害」があります。

今では多くの場合は「社交不安障害(SAD)」とも呼ばれているものですが、その症状についてお話しましょう。

まずこの「社会不安障害」は生活していく中で接していき起きうるあらゆる状態に恐怖を感じてしまうと言ったものです。

例えば、多くの人の前で発言するならばその視線であったりといった人前で何らかの行動を行う事によって「うまくいかなかったらどうしようか?」や「失敗は出来ない」などの大きな緊張により動機やむなやけに震えなどの身体的な影響までが出るという事になります。

社会不安障害から引きこもりなどに繋がってしまう事も?

さて、先に述べた通り日常生活のあらゆる場面において人前での行動に強く恐怖心を抱く事から身体異常や精神的苦痛を起こしてしまうとされるのが社会不安障害です。

では、この場合に起きるとされる事は一体何なのかというと、1番に思いつくなら引きこもりでしょう。

日常生活内での人との接触や人前での行動そのものに強い恐怖を抱くという事は、そうならない様に人に合わない様にと考えて引きこもりになるという事は多いようです。

勿論場合によっては、お酒などで緊張をほぐそうとする方や、それ以外の何らかの行動で補おうという事になる場有もあります。

また、これらの症状は社会に出てから分かるケースも多くあるとされています。

症状や状況などで人それぞれのケースが多く存在します。

治療上の注意

精神面からくるこれらの症状ですが、治療は早いうちからしっかりとしていく事がやはり重要とされています。

ですが、この治療の前の時点で注意すべきは、社会不安障害は統合失調症と間違われやすいものであるという事です。

故にしっかり見極めたうえで治療をしていきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする