社会不安障害と発達障害の関係について

近年、多く話題に上がっているものの中に、メンタルヘルス対策という言葉が増えていると思った事はないでしょうか?

ストレス社会と言っても過言ではない現代においてこれらの問題は非常に重要とされて伊賀故に注目されています。

しかし、このストレスからくる病気や症状は通常後天的要因からの発祥が主とされているものの、それ以外のものもあるとされているのです。

それは発達障害からくる症状です。

発達障害の症状を自覚し過ごしにくく感じてしまうというストレスが社会不安障害などに繋がったという例は多くあるとされます。

それでは、発達障害からくる社会不安障害について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

発達障害とその種類からくる傾向

そもそも、社会不安障害そのものがコミュニケーションが困難であった場合に起きがちとされていますが、その前の段階に発達障害が起きる事で引き起こされているという事もあると言われています。

学習障害であれば、度合いは様々ですが周りが出来る事が自分にはできないという事から多くの失敗に遭遇してしまい自身が亡くなり社会不安障害などを引き起こすことがあります。

アスペルガー症候群はコミュニケーション能力そのものが低いので人との接触に苦手意識を持ち、社会不安障害や引きこもりになることがあるとされます。

こういった事から、発達障害と社会不安障害は密接な関係があるとされています。

発達障害からくる社会不安障害について

さて、先程その傾向を述べましたがその社会不安障害がどのように考えられ、位置付けられて考えられているかについてお話していきましょう。

例えば合併症という視点から見ると、発達障害からくる社会不安障害に最も多いとされているものが隊ジョン恐怖症であるとされています。

この場合は引きこもりになってしまう可能性が最も多いともされています。

そもそも社会不安障害は発達障害の二次的な障害の症状ともされています。

自閉症スペクトラム障害などは生まれつきの発達障害であり、ストレスもためやすく、通常なら気にもしない事が苦痛に感じてしまう事も多いとされます。

その内容も様々であり、大勢の人前に出たり発現したりするなどの行動を起こしたり、知らない人と話をする事などに恐怖を感じるなどがあります。

その場合起きる事としては息切れや大量の汗が出たり震えてしまったり、話すことはもとより声が出せなくなってしまうという事もあるようです。

結果として、人前に出ることが出来ず引きこもりになる事もあるとされています。

最後に

社会不安障害などは後天的なものとして対応も考えているとされる場合もありますが、発達障害からくるものも多くあります。

ただし、逆にこういった傾向を見出すことが出来れば訓練を経て改善も可能とされています。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする