社会不安障害と遺伝の関係。その他の原因について

社会不安障害と遺伝の関係。その他の原因について
「社会不安障害」という言葉をご存知でしょうか?

世間では「社交不安症・社交恐怖」と言った別名のある疾患です。

そして、病とありますが精神疾患に部類されるものです。

精神疾患というと日頃の過ごし方や、人間関係や会社での状況に職種によって受けるストレスが原因であるという考えが主であり、誰でもなりうるのだと思われています。

しかし、この社会不安障害と呼ばれる精神疾患ですが、遺伝でもこういった症状が現れるということはあるのでしょうか?

社会不安障害と遺伝の関係についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

社会不安障害について

先に述べた様々な呼び名を有する精神疾患である「社会不安障害」ですが、正式な場合では「社交不安症・社交不安障害」と言った呼び方での認識がされています。

この症状としては、他者からの注目に対して巨富を感じるというものです。

それは実際に注目されてもおらず、恥などをかくかもしれないということを極端に恐れるといった状態であっても恐怖を感じてしまう状態です。

誰でもある緊張のひどくなったものであろうと思われるかもしれませんが、ここで違うのはそれらが過剰となり人前での行動が出来なくなり、苦痛から人を避け始めていき最終的に生活に支障をきたすことでしょう。

この場合自己嫌悪も感じるため自己への評価が落ちていき、日々を生きる事すら疑問を持ち苦痛を感じるようになってしまうのです。

原因について

では、冒頭でもお話した「社会不安障害」の原因が遺伝か否かという話ですが、そもそも原因というものが定かではないのです。

そのいくつかのうちの1つが“遺伝かもしれない”とされているというのが現状です。

強いて上げるべきは原因のもととなる複数の要因が重なって症状が出てしまうという考えで、治療も行われています。

そのいくつかですが「性格的」なものなどで上げられる場合は、「不安感の多い性格・緊張しやすい」というった場合が多いと言われています。

次に冒頭であった「遺伝」であれば、遺伝子そのものが「恥ずかしがりな正確になりがち・内気」などの特性を備えている場合です。

こういったケースであれば遺伝的要因としてもみれなくないとされますが、影響そのものはそう大きくはないようです。

他には「育った環境」によるものが挙げられています。

幼少期に育った環境が成長後に影響するというのはどんな場合でもあって当然というべきでしょう。

「過去の失敗によるトラウマ」なども同様の理由として挙げることがあるでしょうし、年齢や性別によっても原因となる要因は多いのです。

それによって普段の対人関係にも違いが出るのですからそれも当然でしょう。

物理的に見た場合の原因はと?

「社会不安障害」は精神疾患なのですから、異常があるとされて考えられるのは「脳」でしょう。

そしてこの場合は扁桃体という部位の働きが過敏になるということが確認されている為、やはりある程度は物理的にも原因があります。

この場合は薬物治療に精神的に会治療を施していき、症状改善を図っていくのです。

何にせよ、病は気からとはよく言った物で、精神的な苦痛に過ぎないと思わず一度向き合ってみることが大事なのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする