心身症の改善方法とは?適度な運動に取り組もう!

e90dcaea31a56f39cad38ce25a7f75b0_m-min
心身症は精神疾患の一種ですが、他の病気とは決定的に違う点があります。

それは、他の精神疾患は精神面が不安定になるのに対して、心身症は身体的な症状が出ると言うことです。

身体的な症状と一言で言っても人によって千差万別で、ある意味でどのような症状も起こり得ます。

原因が精神面にあるにもかかわらず、身体的な症状として現れることが大きな特徴だと言えるでしょう。

心身症の原因は他の精神疾患と同じく、過度なストレスだと言われています。

家庭や職場など、環境の急激な変化によって強いストレスを感じる人もいます。

人間はストレスを感じると反射的に防御反応が働いて自身を守ろうとしますが、その状態が続くと抵抗力が尽きて、心身症などの精神疾患を患ってしまいます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

心身症になり易い人とは?

心身症になる可能性は誰しもが持っていますが、特になり易い人の特徴があります。

まず、内向的でストレスを溜め易く、自分の考えや気持ちを表に出せない場合が多いです。

他にも

・几帳面、完璧主義
・自分にも他人にも厳しい
・頑張り過ぎる
・こだわりが強い

など、満足感を得られる場面が少ない人も高い危険性を孕んでいます。

ちょっとしたことに過敏に反応したり、何でもないようなことでも緊張し、不安を抱く。

このような人はストレスを感じ易く心身ともに疲れてしまい、症状が表れ易いと言われています。

ただし、一見明るく活発で、自分の体調の変化をあまり気にしないような人は、症状の兆候が出ても気付かずに病気が悪化し、ある日突然重大な問題が起こることもあり得ますので、注意しなければなりません。

心身症を治療するには?

心身症を治療するには、身体的な症状の緩和と、精神的な問題点の改善が必要となります。

順序としては、身体的な症状の治療から取り組み、症状が軽くなったら精神面の治療も並行して行うようにします。

心身症を改善するには最終的に精神面の問題を解決しなければなりませんので、カウンセリング受けたり、精神安定剤などの薬物治療を行うこともあります。

そして、その手伝いとして適度な運動が効果的です。

運動することで体の緊張が解けて、代謝が活発になる効果もあります。

更に、運動をすると血流が良くなるので、体内の神経系を正常な状態に近付いて、ホルモンバランスを整えることも出来ます。

気を付けるべきことは、無理に運動しないと言うことです。

ウォーキングやジョギングなど、比較的軽度な有酸素運動が有効であり、高負荷な運動をしてストレスが溜まるようだと本末転倒です。

何よりも続けることが重要なので、就寝前のストレッチや出社前のジョギングなど、気楽に出来る運動を一つ選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする