登校拒否はなぜ起こる?登校拒否の原因とタイプ別対応法


一口に登校拒否と言ってもその原因は様々です。

なぜ学校へ行くことができないのか原因を明らかにし、状況に応じた対応が求められます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

情緒の不安定による登校拒否

情緒の不安定が理由で登校拒否になるタイプです。

このタイプはその中でもさらに次のように分かれます。

母子分離不安型

小学校低学年に多く、母親から離れることに不安があるタイプです。

このような時は無理に母親と引き離すよりも、できるだけ子供の感情を受け止め欲求を満たすことが大切です。

情緒混乱型

登校する意欲はあるにもかかわらず、いざ登校時間になるとなぜかお腹が痛くなったり体が動かなくなって、頑なに学校に行くことを拒むのがこのタイプです。

真面目な性格で感受性が強く、親や教師の期待に応えようとするのが特徴で、学校を休むことに対して強い罪悪感を感じています。

このような場合は無理に登校させようと叱ったり、頑張らせるよりも、これまでの頑張りを認め、子供の意思にあった目標を共に考えて焦らず援助していくことが必要です。

無気力型

登校拒否に対する罪悪感はなく、心因性の身体症状もないのが特徴で、楽しい行事の時や強く催促すると登校できる時もあります。

このような場合は親や周囲に対する不信感があることが多く、根本的になぜ学校に行かなければいけないのかがわからなくなっている状況です。

このタイプは見守るのみでは進展が見られません。

指示的な関わりは避け、本人の気持ちに寄り添うとともに、将来についてやりたいことを見つけられるよう支援します。

学校生活に原因がある登校拒否

いじめや人間関係のトラブルで登校拒否になるタイプです。

原因がはっきりしているので、早い段階での対応が早期解決につながります。

トラブルが長引くと心の傷が深くなり、周囲への不信感や恐怖心から登校できなくなることもあります。

発達障害が原因の登校拒否

発達障害がある場合は思うように学習の成果が出ず、クラスメイトとのコミュニケーションもうまくいかないことで、クラスで孤立してしまう場合があります。

知的障害を伴わない障害もあり、登校拒否になるまで障害に気づかず、なぜうまくクラスに溶け込めないのか悩むケースもあります。

このような場合は周囲の人が障害を理解し、適した対応をとることで問題なく学校生活をおくることも可能です。

登校拒否になると、なぜ、どうしてと混乱してしまいますが、そこに至る原因を見極め、どのタイプに当てはまるかはっきりさせることで解決の糸口が見つかることもあります。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする