統合失調症と音楽治療の効果について


統合失調症と言う病気をご存知でしょうか?

現代社会においてはうつ病に並んで多いとされている病気です。

その症状においても非常に周りの対応が難しいものともされています。

そんな総合失調症に音楽治療が良いという話はよく聞くのではないでしょうか?

基本的に精神疾患には音楽治療をと言う話題も多いとされているからではないかとも思われます。

しかし、実は少し違う様なのです。

それでは、総合失調症と音楽治療について説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

総合失調症からくる症状

さて、総合失調症と言うと多くの人はどういった症状を考えられるでしょうか?

別名では精神分裂病とも呼ばれ「思考・知覚・感情・言語・自己の感覚」に異常をきたし、幻聴などに襲われるともされており、妄想や幻聴などがあるとされるほかに自閉症との重複などもみられるといいます。

その中でもつらいとされるのが幻聴であるとされ、行動につき悪くいう様な声が聞こえたり、命令されている声を聴くといわれています。

しかも耳からはっきりと聞こえるとされており、結果として頻繁に独り言を言っていたり、保田には誰もいないのに誰かと会話をしているように話をしていたり、何もなく人もいない空間に叫んだりと言った行動に出るといわれます。

統合失調症と音楽治療について

では先程述べた統合失調症に音楽治療がよいという話がある事ですが、実際には音楽との相性は特別いいという訳ではないとされます。

しかも、方法によってはさらに悪化してしまう事もあるといわれています。

ではなぜ音楽治療がいいという話になったのかと言うと、ストレスなどの苦痛で疲弊した精神状態に対する癒しや安らぎと言ったものを音楽で与える事が出来るからであるといわれています。

これはほかの精神疾患にもある事ですがリラックス効果を求めての事であるとされます。

すなわち、音楽がいいのではなく、音楽以外でも同様の効果があるならばよいという事になります。

ただ、その役割に手軽なのが音楽であるというのが現状です。

音楽治療で悪化する場合

先に述べた通り、音楽での治療において精神的な緊張や疲労などを癒しリラックスさせるのが音楽治療であるといいましたが、音楽ならば何でもいいという訳ではありません。

相性の悪い曲はもちろんですが、その方法も重要とされています。

例えば、相性がよくとも音楽のボリュームが大きすぎてしまった為に悪化したという事もあるようです。

本来、総合失調症とは不快な事や嫌な事の連続から起きるとされているので、治療とは言え方法によっては悪化する事もあるのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする