治したい摂食障害とその特徴と、何科を受診するかについて


現代社会を生きる中で必ずさらされるストレスは様々な異常を心身ともに与えていく事で知られ、その様々なストレスは多くの症状を引き起こします。

それは一見ストレスには見えない様なものなどがあるとされています。

例えば食事に関するものなどはどうでしょうか?

その食事の量を見て、たくさん食べて健康的と感じる場合もありますし、好きで食べているのだからストレスととらえない場合もあるかもしれませんが、この中で摂食障害という言葉が出てきます。

特徴としては普通の大食いとも考えられる場合もありますが、やはり体にも精神的にも良いものではないとされますが治したいと思っていても何科にかかるべきなのかと悩んでしまうのも1つです。

それでは治したい摂取障害の特徴と何科にかかるべきかについて説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

摂食障害は願望の表れ?その特徴について

さて、まずは摂食障害についてお話していきましょう。

摂食障害と聞くと大食いであると印象があるかもしれませんが、実は食べる事に関する事とその反応全てを刺した言葉とされています。

つまり、拒食症も過食症も摂食障害として扱われるのです。

その大元太る事への恐怖と痩せていたいと言う想い。

すなわち願望からくるストレスが原因とされています。

その種類も細かく分けるといくつかあり、特徴も様々とされています。

例えば拒食症であればただただ拒食の身の症状が出る「制限型」や過食の症状もあるとされる「排出型(無茶食いとも言われる)」がありますし、過食症であれば嘔吐に下痢といった症状に加え浣腸の乱用がある「排出型」や絶食に過度な運動があり代償行為の無いとされている「非排出型」と言ったものがあります。

これらには体重が標準から85%以下で拒食症。

85%以上で過食症として判断されています。

ただし、この特徴に当てはまらないものもあり、それらを「特定不能の摂食障害」と呼び無茶食いの傾向があるものの体重や体格に特徴がなく、罪悪感を伴うものや、85%以下であって他の事も正常であっても下痢や嘔吐などがあり、よく噛まずに食事を飲み込み吐き出すなどを主なウといった症状もあります。

摂食障害の原因としては思春期以降の10代から20代が多くかかっており、自己への不信や不満からくる病ともされています。

摂食障害を治したい場合にかかるべきは何科?

先程述べた症状が摂食障害の主だった症状となりますが、やはりこれらは治したいと誰もが思うはずです。

しかし、一体何科にかかるべきなのでしょうか?

実は摂食障害の専門医がいる病院というのはそう多くある訳では無いとされています。

故に、摂食障害を治したいが専門医がおらず何科に行くべきか迷った場合は「心療内科・内科・精神科」にまず受診してみましょう。

摂食障害を治すには?

さて、ここまで説明してきた摂食障害の治療としては拒食症か過食症かによっても変わってきます。

ですから、まず専門医の意見を仰ぐことが大切です。

大まかには拒食症はきちんと食事をとる事が必要とされます。

同時に体重が増える事への恐怖などの意識への対応も必要となりますが、痩せすぎである場合は重篤な場合があり合併症(低血糖からの昏睡や心臓に腎臓の不全。感染症)の危険もある為、即入院という事もあるとされます。

過食症であれば、多くの場合は食べる事で発散されるストレスなどを制御したりといった治療を心理療法で行う事が主とされています。

いずれにせよ、自主的に治療を受けるという姿勢と思いが治療への一歩とされています。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする