メンタルヘルスケアの一次予防。理想的な職場環境作りとは


メンタルヘルスケアの一次予防とは、ストレスの少ない、働きやすい職場環境を作る取り組みの事です。

うつ病や社会不安障害といった心の不調は、仕事がその原因になる事も多く、予防には会社全体での取り組みが欠かせません。

皆が気持ちよく働ける職場にするには、具体的にどういった対策があるのかをまとめました。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

■メンタルヘルスケアの一次予防と2つの柱

メンタルヘルスケアの一次予防は、以下の2つに分けられます。

個人のストレス管理

ストレスによる心の不調を予防するには、まずは個人個人が自分の心の健康に関心を持たなければなりません。

ストレスを上手く発散させる方法や、心の不調の始まりにはどういった兆候があるのかを知らなければ、適切な自己管理はできないからです。

そういったメンタルヘルスケアに関心を向け、ストレス状態に早く気付いて対処ができるように従業員を啓蒙する事が、メンタルヘルスケアの一次予防の大切な役割といえます。

職場環境の改善

職場環境が働く人のメンタルに及ぼす影響は大きく、会社は働きやすい環境づくりを推進する必要があります。

職場環境とは、衛生面・騒音・安全といった環境そのものだけでなく、仕事の量や人員の配置は適切か、人間関係は円満かといった、「働きやすさ」の事を指します。

人間関係の改善においては、管理職が重要な役割を担います。

理想的な職場環境作りに欠かせない3つのポイント

では、メンタルヘルスケアの一次予防という観点から、働きやすい理想的な職場環境を作るには、どういう点に注意する必要があるのでしょうか。

職場環境の改善に必要な、注目すべきポイントは次の3つです。

労働時間

残業が続くなどで労働時間が増えれば、それだけ個人の時間が減り、疲労だけでなくストレスも溜まっていく事になります。

睡眠時間が減ったりと、生活のペースが乱れる原因にもなり、心身の健康に与える影響は大きいといえます。

職場環境

職場の衛生・騒音・安全などの、生理的にストレスを与えるものには、できる限りの対策をする必要があります。

また、各自の仕事の量は適切かどうか、人員が不足して従業員への負担が重くなっていないかなども、ストレスのない環境作りの重要なポイントです。

人間関係

セクシャルハラスメントやパワーハラスメントといった、いじめやいやがらせがないかに注意し、円満な人間関係が築けるように配慮する必要があります。

管理職は、部下とのコミュニケーションをとるなかで、人間関係のトラブルや悩みはないか、急に遅刻や残業が増えるなどの異変はないかなどにも気を配ります。

メンタルヘルスケアの一次予防、理想的な職場環境作りのまとめ

メンタルヘルスの一次予防とは、職場のストレスを減らす取り組みのことで、次の2つに分けられます。

・個人のストレス管理

自分にどのくらいのストレスがあるかや、ストレスの上手な発散法を知る。

・職場環境の改善

衛生や安全などの職場環境や人間関係など、あらゆる面からストレスの原因を探り、改善に努める。

また、職場環境の改善には、次の3つのポイントが重要です。

・労働時間

残業や休日出勤など、ストレスや疲労の原因となる長時間労働を無くす。

・職場環境

快適な職場環境だけでなく、各自の仕事の量や人員配置が適切かどうかも検討する。

・人間関係

ハラスメントやいじめを防ぎ、円満な人間関係を築く。

従業員の変化にも気を配る。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする