強迫性障害とは?巻き込み型と自己完結型の違い

f8ee4b644a81c06e60cdbe5ce91099bc_m-min
世の中には様々な病気や障害がありますが、今回取り上げたいのは強迫性障害です。

強迫性障害とは不安障害の一種で、過剰な不安やこだわりによって日常生活に支障が出る病気のことを言います。

身近な例を挙げれば、家を出るときに鍵を掛けたか、鍋に火を付けっぱなしではないか、などと言う不安を覚えたことがある人は多いかもしれませんが、強迫性障害の人はその不安が極端に大きいのです。

他にも、自分のラッキーナンバーなど、縁起やジンクスにこだわる傾向にあります。

強迫性障害は不安障害の一種だと述べましたが、まさしく強過ぎる不安を抱えてしまいます。

手洗い一つ取っても、強迫性障害の人は「まだ汚れているのではないか」と不安になり、何時間も手を洗い続ける人もいます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

自分にも周りにも注意しよう

人にもよるので一概には言えませんが、強迫性障害はどちらかと言えば認知度の低い障害だと思います。

また、日本国内にどれくらい強迫性障害の人がいるのか、はっきりとした数字は明らかになっていません。

欧米諸国では精神科に通う患者の約9%が強迫性障害だと言うデータがありますが、対して日本は約4%だと言われています。

しかしここで勘違いしないで頂きたいのは、この結果は日本で強迫性障害を患っている人が少ないのではなく、障害を障害だと気付かず放置していたり、精神科を受診することを躊躇っている人がいるからだと考えられます。

前述のように正確なデータはありませんが、恐らく実際は欧米諸国と同じくらいの割合になるでしょう。

そして、強迫性障害は不治の病などではなく、適切な治療によって改善出来ます。

残念ながら、発症する原因に関しては未だ確かなことはわかっていませんが、症状が継続したり、何がきっかけとなって悪化してしまうかはある程度研究が進んでいるので、きちんと治療に専念すれば治る病気なのです。

巻き込み型と自己完結型

さて、ここまで強迫性障害について解説させて頂きましたが、最後に知っておいて頂きたいことがあります。

それは、強迫性障害には大きく分けて巻き込み型と自己完結型の二種類がある、と言うことです。

巻き込み型と自己完結型の大きな違いは、周囲に対する接し方だと言えるでしょう。

簡単に言えば、巻き込み型は家族や身近な人にも自分と同じようにすることを求めます。

一方で自己完結型は、周りのことは気にせず延々と自分だけで強迫性症状を繰り返します。

このことからわかるように、周囲への負担が大きくなるのは巻き込み型です。

患者のこだわりや要求に応えて行動していても、その不安が解消されるのは一時のことで、長期的に考えるとむしろ症状が悪化してしまうことすらあります。

要求は常に同じとは限らず、条件が厳しくなると周りの人たちは疲弊し、そのような人たちと関わることで患者本人は更に不安が強くなるケースも確認されています。

強迫性障害、特に巻き込み型の人の扱いは極めて難しいので、医師と連携を取ってしっかりと向き合うことが必要でしょう。

何よりも、その人が強迫性障害だと言うことにいち早く気付くことが大事です。

気付かずに放置していては、治療も何もありませんから。

自分は勿論、周りに心当たりのある人は、改めて注意深く行動を観察してみて下さい。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする