自律神経失調症の遺伝と条件について


ストレス社会であるとされる近年、精神面などから多くの異常が体に現れるという事もあちこちで聞いていらっしゃることと思われます。

この場合、うつ病などもよく聞く病名ですが自律神経失調症なども同じく多いとされています。

そんな中、自律神経失調症で何らかの異常が出てしまった場合、それらは親から子供へと遺伝してしまうという話を耳にすることがあります。

元は精神的なものであるストレスから発症する自律神経失調症が遺伝すると聞くと不思議な感じを誰もが抱かざる得ないとも思われます。

それでは、自律神経失調症が遺伝するとされることについて説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

自律神経失調症は遺伝するのか?

そもそもうつ病にしろ、自律神経失調症にしろ日々受けるストレスが原因で発症するとされています。

そういった病気が親から子へと、遺伝子レベルで影響を与えるのかと考えた時、パッとはそうは思わないでしょう。

外国では自律神経失調症の発症者に、その疾病かわからない場合は家族の病歴などを調べるなどの方法がとられる事もあります。

同時に、親に自律神経失調症で何らかの異常があった場合には子供にも何かの同様の異常が出やすくなるとも言われています。

しかし、これは単純に遺伝とは関係ないとされる部分もあり、親から子へ遺伝したというのは同じような気質などではあるかもしれませんが、正確には似た様な親子が同じような環境下において生活する事で似るというケースではないかとされているようです。

ですから、親が自律神経失調症である場合は自分もそうなる賀茂とは思わず「自分の場合は違う」という考えが大事です。

自律神経失調症になりやすいとされる条件について

先に述べた通り遺伝という線はあまりないと考えられています。

したがって問題となるのは生活環境や元の性格などになりやすい条件があるとも言われています。

例えばストレスい弱かったり、体そのものが弱い場合も含まれるでしょう。

その場合は食も細かったり繊細であるなどの、周りの目を気にしすぎるような人がその条件に当てはまります。

環境について

先に述べた条件に加え、生活環境からも大きな影響があるようです。

例えば食事などをきちんと食べないや、好き嫌いが多いなどもありますし、幼年期より夜更かしをしているなどもよくありません。

何から何まで神経質に子供に指示を出して従わせる親であるという場合も影響が出ているようです。

この様に、体質的なものの遺伝はあるものの、そのほとんどは後天的なものである事が多いとされています。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする