自律神経失調症の症状と対策について


ストレスに次ぐストレスに毎日遭遇するとされる現代日本においては、近年うつ病や自律神経失調症を発症してしまうという事が多くあります。

精神的な事であるが為に、目にはっきりと見えているものではないのでどうすればいいのかわからないなど治療も長期にわたり細心の注意を必要とする場合も多くあります。

しかし、今しがた話に出た自律神経失調症などであれば、その症状がどんなものなのかも曖昧であるという場合も多いようです。

それでは、自律神経失調症の症状とその対策について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

自律神経失調症の症状とは?

そもそも、自律神経失調症とはその身誰において交感神経と副交感神経の働きに異常が出る事で起こります。

交感神経は体を動かし活動するときに動くとされ、副交感神経はその逆で睡眠や食事の時に働くことでリラックスをさせるものです。

それ等が乱れてしまうと体には多くの異常が起きるとされています。

その症状としてはまず体に起きるのは疲労感が感じられ、腰や肩や首に痛みを感じるようになり偏頭痛も起きます。

動悸が激しくほてりなどが出て、不眠に便秘に下痢といった症状や微熱に耳鳴り、体の末端のしびれに咽頭部への不快感に排尿関係への異常などがあります。

同時に精神的にもイライラや不安感に疎外感などがあり、気落ちしたりやる気が起きずに憂鬱な感じとなりながらも焦るなどの感情の上げ下げが起きます。

自律神経失調症の原因について

では、どうして自律神経失調症になってしまうのでしょうか?

主だった原因は夜更かしなどの不規則な生活などを送ったり、急激な環境変化が起きたり、ホルモンバランス(主に女性)の変化。

ストレスを過度に感じているといった事があげられます。

そこからうつ病になってしまうといった事もありますので、とにかく給料を取り、リラックスできる環境を整えることが重要です。

この場合は酷くなる前に医師の診察を受ける事も大切です。

受診かとしては心療内科か、出ている症状に関係ある科を尋ねましょう。

自律神経失調症の対策について

先にも述べた通り精神的な部分や生活の乱れが原因で発症する自律神経失調症ですが、対策としては普段から出来るものもあります。

その対策と言うのがストレッチです。

この場合は首のストレッチが対策としては適切とされており、合わせて生活習慣を見直して規則正しい生活を送っていく事も含まれています。

そして、ストレッチそのものはまっすぐ前を向いて、そこから「上・左・右」といった順に首を倒しては戻すという動きの繰り返しとなります。

固まった部分やリンパの流れもよくなるので自律神経のバランスが整いやすくなるとされています。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする