ギャンブル依存症の原因とは?人生に与える影響を考えよう

ea96f0e5234ec3d89642ac7607d451e3_m-min
世の中には様々な依存症があります。

ニコチン依存症、アルコール依存症、ギャンブル依存症などです。

依存症には他にも数多くの種類がありますが、これらに共通して言えるのは、その人や周囲に多大な影響を与えていると言うことです。

そして今回注目したいのは、ギャンブル依存症です。

ギャンブルに傾倒し過ぎて破産した人や、家庭崩壊を招いたと言う話はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

ギャンブルそのものは娯楽の一種として成り立っており、人によってはプラスの影響を持つことすらあります。

しかし一方で、ちょっとした弾みでギャンブルに手を出し、ギャンブル依存症になってしまうこともあるのです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

ギャンブル依存症は性格と病気どちらなのか?

ギャンブル依存症とは、ギャンブルにハマってしまい、やめようと思ってもやめられない状態を言います。

ギャンブルがいろいろな意味で悪影響を与えることはわかっていても、どうしてもやめられないのです。

つまり、ギャンブル依存症の人は必ずしも楽しんでギャンブルをしている訳ではありません。

では、ギャンブル依存症は性格なのでしょうか、それとも病気なのでしょうか。

結論から言うと、ギャンブル依存症は精神病の一種です。

正式には「病的賭博」や「ギャンブル障害」と言う病名を用います。

ギャンブルによって多くのモノを失い、社会的にも悪影響を被っているにもかかわらず、ギャンブルから抜け出せないと言う病気です。

ギャンブルによって失われるモノは、財産や家庭、人間関係、更には出世の機会や職にまで及びます。

それゆえ、ギャンブル依存症は社会的な行動障害だとも言われているのです。

ギャンブル依存症は治療可能

ギャンブル依存症は性格ではなくれっきとした病気なので、適切な治療を施せば改善出来ます。

精神科で行われる治療方法の一つに、認知行動療法と言う方法があります。

認知行動療法とは、物事に対する捉え方や考え方を変えていく方法です。

この治療方法はギャンブル依存症に有効で、ギャンブル依存症になった原因を把握することで効果的な治療を行うことが出来ます。

ギャンブル依存症はその人の人生に深刻な影響を与え、周囲の人たちから偏見の目で見られることもしばしばあります。

ですが、ギャンブル依存症の原因はその人自身にあるとは限らず、意外なところに隠されている場合もあるのです。

もし身近にギャンブル依存症の人がいるならば、その人が何故依存症になったのかを知って、理解することが大事です。

精神病の治療は、その人のことを深く理解するのが第一歩だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする