パーソナリティ障害とその症状とは?

現代社会においては今までは「少し変わっている」や「他と違う」といった程度で見逃されていた多くの状態がなんであるかをしっかり見つめるようになってきているといてるでしょう。

同時に、今まで気にも留められていなかった状態が、実は非常に大変な状態であるという事も知らされています。

例えばパーソナリティ障害などは、かつては人格障害と呼ばれ、あまりいい意味ではみられてこなかったなどがあります。

それでは、パーソナリティ障害とは何であるかについて説明していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

パーソナリティ障害とは?

そもそも、近年多く耳にするようになったパーソナリティ障害とはいったいどういった物であるかからお話していきます。

まず、人とは誰もが個人個人で個性を表す行動をするとされます。

それはこだわりであったり、身体的特徴などからくるものであったりと様々であり、1人1人の個性ともされます。

パーソナリティ障害のパーソナリティとはそういった事柄の事を言います。

また、精神医学などであれば「性格・気質」というものを含んだことを表すともされています。

しかし、冒頭で述べた通りかつてパーソナリティ障害の事は人格障害とも言われており、その言葉はあまりいいイメージにとらえられないとされている為、今現在においては使用される事も減ってきたとされています。

様々に分類される、パーソナリティ障害とは?

さて、ひと言にパーソナリティ障害とは何であるかと言われると、その分類はいくつもあるとされています。

大きく分けるとそれらは3つあり、更にその中でもいくつかに分けられるといいます。

まずひとつ目がどこか妙な感じがする風変わりな印象があるとされ、別名「オッド・タイプ」と呼ばれるもので、特徴としては考え方が非現実的になりやすいとされ、総合失調症に妄想性障害などを疑われるとされ「猜疑性パーソナリティ障害、妄想性パーソナリティ障害・シゾイドパーソナリティ障害、スキゾイドパーソナリティ障害・統合失調型パーソナリティ障害と言ったものがあります。

次に情緒的に見える事で知られ「ドラマチック・タイプ」とも言われており、その行動が感情的で衝動的とされ、周りにも迷惑をかける事があるとされ「反社会性パーソナリティ障害・境界性パーソナリティ障害・演技性パーソナリティ障害・自己愛性パーソナリティ障害」があるといわれています。

最期に不安や恐怖を感じ、恐怖などが強く、控えめにしか自己主張をしないとされているのが「アンクシャス・タイプ」です。

こちらは「・回避性パーソナリティ障害・依存性パーソナリティ障害・強迫性パーソナリティ障害」があります。

この他にも新しく「サイクロイド・パーソナリティ障害・サイクロタイパル・パーソナリティ障害」というものもあるとされます。

最後に

そもそも以前は異常性のみしか見られていなかったものの、それらを個性からくるものであるという事で見られ始めた事は、それらの障害を持つ立場の方にも重要な事であり、周りも認識をし直すことが重要です。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする