結婚する場合の統合失調症と遺伝について


現代日本においては多くのストレスが原因で様々な精神的疾患の発症が確認されているとされます。

故に企業はメンタルヘルス対策に力を入れているものの、それでも発症者が出ているとされます。

よく聞くもので言うと統合失調症などがあげられるでしょう。

これらの治療はとても困難で症状も様々とされ治療も長期間にわたると言われていますが、一部からは統合失調症の方が結婚をして子供が出来た場合の遺伝による不安を訴えられる場合があるようです。

確かに原因はほとんど不明とされる統合失調症ではありますが、脳や神経の機能障害であるとされている事から遺伝の不安も考えられると思われる方もおり、結婚後の不安を口にする方もいらっしゃるでしょう。

それでは、結婚後に子供が出来た場合統合失調症は遺伝するのかについて解説していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

統合失調症とは?

そもそも統合失調症とはどんな病気であるかについてかという事からお話します。

症状としては先に述べた通り脳に神経といった部分の機能障害から通常の生活を送りつつ人との交流を行うなどの行動が慢性的に困難になる病気とされています。

原因のほとんどが不明とされているものの神経伝達物質(ここで言うならドーパミン・ロトニンがあげられる)などのバランスが打ずれた場合に発症するとされています。

これらから出る影響としては緊張状態とリラックス状態の調節機能や意欲の継続、情報処理に認知機能に障害が出るとされています。

発祥は10代後半から30代に多いとされており、結婚や遺伝についての不安もこういった年齢層故のものと思われます。

統合失調症の症状について

統合失調症には陽性症状・陰性症状があり、対処方法も変わってきます。

例えば陽性症状であれば急性ではあるものの薬の使用が有効となり、症状も不眠や周りの雑音や気配が気になり落ち着かず常に緊張状態になる為、混乱したり頭が騒がしく感じる足り、幻覚や妄想があるとされています。

陰性症状であった場合は急性からの回復時に現れ薬は効きづらいとされています。

症状は集中力が低下し、無気力状態になり感情が乏しくなり疲労感が酷い為1日中ねているなどや、物事を簡単に分かりやすく話したり、会話などを積極的に続けたり自身で物事を決定する事が困難になるなどがあります。

統合失調症の結婚や子供への遺伝について

統合失調症であった場合に結婚することそのものは出来るとされています。

重要な事としては相手がより深く理解して、一緒に乗り越えて行けるかという事が重要になってきます。

ただ遺伝に関しては、発症原因すらはっきりしていないとされているものの、遺伝からくる影響はあるともされるものの親の影響であるかは不明とされています。

割合としても大まかなものしかないものの、一卵性双生児が生まれたとしても両方とも統合失調症になるとされるは5割とされ、通常でも1割とされています。

この事から、あまりネガティブになってしまう方が問題とされているようです。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする