アスペルガー症候群とは?特徴的な歩き方を理解しよう

%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%a2-6
アスペルガー症候群は、いわゆる発達障害の一種です。

アスペルガー症候群の症例自体は以前から確認されていましたが、社会的に理解され始めたのは比較的最近な、ある意味で歴史の浅い発達障害だと言えます。

言語障害や知的障害はありませんが、それによって周囲の人たちに気付かれ難く、「変わった人」などと思われがちです。

アスペルガー症候群は対人コミュニケーション能力や社会性、想像力などに障害を持っており、他人と関わることが難しくなります。

現在でも明確な原因は判然としていませんが、脳機能に何らかの障害があると考えられています。

それでは、アスペルガー症候群の具体的な特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

アスペルガー症候群の特徴とは?

アスペルガー症候群の特徴は数多くあります。

一つは聴覚過敏です。

普通なら気付かないような小さな物音にも敏感に反応してしまい、不安になったりイライラしてしまいます。

その反面で特定の音を、何時間でも聴き続けることが出来るほど好む場合もあります。

次に視覚過敏です。

日差しの強さに耐えられず、サングラスなしでは目を開けることも出来ないことがあります。

また、相手の表情の変化を過剰に意識して、少し険しい顔をしただけでも怒られているように感じてしまいがちです。

他にも味覚障害が挙げられます。

ある種の食感が耐えられず、食べられる物とそうでない物が偏ることがあります。

ただし、ここで注意が必要なのは、この状態は決してわがままを言っているのではなく、感覚の特異性によるモノだと言うことです。

アスペルガー症候群の歩き方の特徴は?

上記の他にも特徴はありますが、今度は表面的にわかり易い特徴である、歩き方について話させて頂きます。

歩き方を始めとして、アスペルガー症候群の人たちの動作はぎこちなく見えます。

バランスを取ることが苦手で、自宅の中でも転んだりしてしまうほどなのです。

それゆえに運動は苦手なことが多く、手先も不器用だったりするのですが、一方でピアノなど一定の分野が非常に得意な人もいます。

それでは、アスペルガー症候群の人たちの歩き方の特徴とはどう言ったモノなのでしょうか。

全ての人ではありませんが、端的に言えばぎこちない動作が手伝って、ロボットのような印象を人に与えます。

前述の通りバランスを取るのが苦手なので、ゆらゆらとした歩き方だったり、小刻みな歩き方、不自然に手を振った歩き方になる人もいます。

幼少期は自分で歩く場所を決めていることがあり、曲がり角などで直角に曲がらなければ気が済まない場合もあります。

アスペルガー症候群は一見するとわかり難いことがあるので、その人としっかり向き合って、積極的に理解を深める努力をする必要があるでしょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする