アスペルガー症候群での対応について


昔はただ他の人と違うと思われているだけとされていた事が、現在の医学の発展において、病気であったとされる例が多く出ています。

近年多いのは発達障害などがそれにあたるでしょう。

中でもよく聞くのがアスペルガー症候群などではないでしょうか?

昔から言われているのは性格の偏りであるとか強い個性であるという認識です。

しかも、子供の頃から誰かが気づいて治療するのが1番としながらも発達障害は大人になってから見つかり、結果上手く社会で人と付き合うなどが出来ず、精神的な病気になってしまうという事もあるようです。

それでは、アスペルガー症候群への対応の仕方について紹介していきます。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大

子供のアスペルガー症候群の対応について

さて、まずは子供のアスペルガー症候群の対応についてお話していきましょう。

症状そのものは2歳か3歳ごろから出てくるので気になる事は医療機関への相談をしましょう。

その後、正確の特徴の理解を深くしていく事や、治療であるととらえずリハビリと言った風に過ごしていくことが重要であるとされています。

同時に年を追うごとに難しくなる問題が、日々の生活をきちんと送る事と、友人関係ではないでしょうか?

日々の予定などであれば、1日後とのスケジュール管理を表などを作って行うといいとされ、友人作りにおいてはあまり深い関係は築けないかもしれないとされてはいますが、通常でも多くの付き合い方や間柄、関係があるので焦らずゆっくり見守りましょう。

その中であからさまに必要な手助けのみを最低限していくという形をとっていきましょう。

大人のアスペルガー症候群の対応について

さて、子供の頃にアスペルガー症候群であると分かればゆっくりと対応していく事も可能ですが、大人になってから気付くという事も少なくないのが近年です。

その場合、周りはどうするべきなのでしょうか?

実際はそれに気付いた後の周りの対応としては、うまくできていない事をあまり責めるようなことをしないということが重要です。

責めるなどの行動は、最終的にうつ病になる恐れもあるのです。

そもそもアスペルガー症候群は発達障害であり、出来て当たり前と社会で思われていることが出来ない状態になっているので、本人の責任などないのですから、責めるべきところではないのです。

同時にアスペルガー症候群の人は言葉の裏を読む(空気を読むなど)が苦手であるとされており、あいまいなものの言い方は避けましょう。

言動などにおいても、見たままでしか理解できないので場違いな発言をすることもあるといわれていますが、仕方がないこととして受け流しておきましょう。

他にも同時にいくつかのことが出来ないので1つ1つ指示するようにしましょう。

最後に

かつては変わっているなどの性格であるという事のみで見られており、本人にも大きな不安とストレスであったアスペルガー症候群ですが、近年それが発達障害であると明白になってきました。

まだまだ、多くの事はわかっていなかったり、対応法にも問題が出ることもありますが、そういうものであるという事を念頭に置き対応していきましょう。

スポンサーリンク
mentalhelth-infoレクタングル大
mentalhelth-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする